Google+
FC2ブログ

ウェブシティさっぽろと札幌スタイル

04 25, 2007
yuki.jpg


ウェブシティさっぽろは、民間と行政が協働して地域のサイトを作っていこうという趣旨のもとに運営されている、市民が作る札幌の地域情報サイト。ここでは様々な地域の情報が、市民の手によってアップされています。
そして、札幌スタイルとは、ものづくりのデザインを切り口に、地域に根ざす新しいデザインを生みだし、生産販売することで地域経済を活性化し、街全体を盛り上げてゆこうというもの。札幌スタイルのデザインコンペティションを通じて、札幌ならではのデザインが今日も生まれています。

ウェブシティさっぽろ 北海道札幌市、市民が作る札幌の地域サイト
札幌スタイル
初雪 - 【手作り石鹸】ココロがホッとする手作り石鹸 Savon de Siesta
シビックメディア Civic Media 札幌
札幌市市民情報センター
0 CommentsPosted in 地域のはなし

西条ほのぼの寺

04 02, 2007
honobono.jpg


しらたま日日雑記で知ったのですが、4月21日に東広島の西条は教善寺で、アドバンテージ・ルーシーのライブがあるみたいです。昼の間は境内で手作り市や青空カフェ、夜からは本堂でルーシーのライブと、なかなか楽しそうなイベント。お問い合わせは、西条のfranc'sへ。

franc's a go! go!
advantage Lucy official web

で、昨日たまたま西条の近くまで行く用事があって、前から嫁が行ってみたいと言っていた、雑貨と喫茶『あ・うん』に立ち寄ったところ、このフライヤーを発見。その後、西条駅前の雑貨屋『Refuge de Nico』に行くと、何とそのNicoさんがルーシー好きでこの企画が実現したと聞き、その場でカルタ型のチケットを即購入。そして、franc'sにも立ち寄って、CDを数枚購入。今度の6月には、やはり西条の円座キセルのライブもあるみたいですよ。

それにしても最近の西条はおもしろいよなぁ。Dining Cafe Legumeでも、naomi&goroachordionのライブとかやっちゃうしね。

そうそう、広島市安佐南区緑井にあるcafe Hemでも、4月14日にアコーディオンのライブがあるそうですよー。

cafe Hem:自宅カフェ | コ・モ・レ・ビ  achordionさんのライブ


追記:
このエントリ内で西条の喫茶「あ・うん」のホームページにリンクしていたのですが、これは無断リンクですよとのご指摘をいただき、リンクを削除いたしました。
事前のリンク確認を怠ったことで、不愉快な思いをさせたことをお詫びし、以後気をつけたいと思っています。申し訳ございませんでした。
2 CommentsPosted in 地域のはなし

土建屋2.0を目指す大野工業

01 10, 2007
oono.jpg


周防大島の熱い男、フリーペーパー「島スタイル」の大野圭司編集長が、またまた面白そうなことを始めています。今度は、「周防大島の大野工業は土建屋2.0」と題して、大野工業ブログがスタート。景観ビジネスを柱に土建屋の新たなかたちを目指します。

いやぁ、しかし大野さんはいつもおもしろいこと考えるなぁ。
0 CommentsPosted in 地域のはなし

周防大島みかん鍋

12 22, 2006
mikannabe.jpg


いつもオリジナルな企画で僕らを楽しませてくれる、江田島と同じ瀬戸内海に浮かぶ島、周防大島。前の「島アロハプロジェクト」の時も、おもしろいこと考えるなぁと感心したのですが、今度は何と「みかん鍋」だそうです。

この「みかん鍋」、最初にネーミングありきみたいな形で始まったらしいのですが、これが食べてみたらほんとにウマイらしいんですよね。その詳しい話は、こちらの西山さんのブログにも出てますので、ご参考に。いや、これ見てたら俄然食べたくなってくるよねえ。

oosima.jpg


そんな周防大島のことが丸ごとわかって、通販とかもできちゃうサイトがこちら、周防大島ドットコム。とても良くできたサイトなので、ぜひ。
0 CommentsPosted in 地域のはなし

呉カルタ12月上旬に発売

12 02, 2006
kurekaruta.jpg


カルタで巡る呉の街。呉のご当地カルタがいよいよ発売されるみたいですよ!

最近の呉はいろいろやるなー。あ、呉といえば、イラストはもちろんあの人、ヨシダミズホさん。ブラボー。
2 CommentsPosted in 地域のはなし

地域は消滅するのか?

12 01, 2006
周防大島の大野圭司は島スタイル編集長のこのエントリの内容を読んでいろんなことを考えさせられ、言及しようとするのですがうまくまとまりません。ただ、この部分に関しては、そうですね。ほんとその通りだと思います。以下、少し引用します。

UIターンの受け入れは地域側の戦略が必須だが、それ以上に大切なことがある。それは、今、その地域で生きているひとたち自身で、その地域の課題を主体的に解決しようとし、魅力アップを行っているか。魅力をより強く感じる地域に、人々は暮らしたい。



僕はIターンとかUターンとかいう言い回しが大嫌いで、特にIターンなんて全然ターンしてねえじゃねーかと常々思っているのですが、そう、人は魅力的な街に憧れます。そして次にはそこで暮らしてみたいと考えるのですから、そうした町づくりの努力や工夫っていうのは、やはり欠かせないんでしょうね。街というものは、そこに住んでいる人が造りあげてゆくものですから。

「これから先は地域というものが消滅することだってあるかもしれない」と書かれていましたが、どうなんでしょうか?
江田島市に限って言えば、何年か後には呉市と合併することもほぼ決まっていると聞きます。そうなったら江田島市で今何かしても無駄なんじゃないの?という空気感は、常に住民全体に漂っているのです。そうなると自治体という括りじゃあまりにスケールが大きくなりすぎたり、小さくなりすぎたりしますよね。そこで再び「地域」というものが見直されてくるんじゃないかなと思ったりもします。

この場合の地域というのは今の「市」とか「町」とかじゃなくて、もっとそこに暮らしている人が自分のスケールで認知できる、いわば等身大の地域。僕がこのブリッジで「江田島市」と限定せずにその周辺地域とあいまいに括っているのは、実はそうした理由なんです。
1 CommentsPosted in 地域のはなし

ベネスティーの2号店がオープン

11 26, 2006
venesty.jpg


おいしさと品質にとことんこだわる、呉の八百屋さん「Venesty」が、何と今度は広島市西区古江新町に2号店をオープンさせたと、八百屋べネスティーの店長ブログで知りました。

呉のレンガ通りにベネスティーがオープンして一年半。それで今度は2号店なんて、すごいッスよ!このベネスティーの店長、金子さんは、様々な形で呉の商店街活性化に関わっている人でもあります。こうした店がどんどんできてくると、呉の街も活気づくでしょうねえ。おめでとうございます!そして、これからもがんばってください!

etajimaru.jpg


それはそうと、僕はこの「極上のフルーツトマト江田じ丸」が気になってるのにまだ買えてません。むぅ、どれだけ美味しいんだ!
2 CommentsPosted in 地域のはなし

沢田マンションとコミュニティ

11 24, 2006
sawada.jpg


種蒔手帖で知った、高知の沢田マンション。しかし、このマンション、ただのマンションじゃないんですよ。以下、建築マップの沢田マンション編から引用します。

この集合住宅はある夫婦がほとんど二人だけの力で建設したのです。建物の名前は沢田マンション、その名の通り建築主である沢田嘉農(かのう)さん・裕江(ひろえ)さん夫妻だけで設計から施工まであらゆることを手がけました。

かつて家は地域の共同体で建てたものですし、世界にはいまなおそのような暮らしを続ける地域もあります。また現代建築の分野でもセルフビルド住宅の実例はあります。しかし、世界広しといえども鉄骨鉄筋コンクリート造の集合住宅を個人で建設した例はここだけではないでしょうか。
基礎工事から鉄骨の建方、配筋、コンクリートの打ち込み、給排水衛生・電気設備工事・・・、なにもかもぜんぶ夫婦だけで成し遂げたのです。にわかには信じがたいのですが本当の話です。



どうですか!いやはや驚きです。沢田マンションといえば、かつて「沢田マンションどっと混む」というサイトがあって(今は閉鎖されています)、そこでは沢田マンションの住民たちが主体となって、ウェブカメラで部屋の様子を中継したりと、とてもユニークな試みをしていました。
その住民主体のコミュニティは今も変わらす受け継がれ、住人たちの共有交換日記「LIFT -沢田マンション交換日記-」もあり、こちらのsawaman room11 (sumica)を読むと、カフェや秋祭り、マンションの入口には「良心市」、また住民が作る小冊子など、まあとにかくやってることがいちいち面白い。それをまた、住民のみんなが楽しんでる様子が、なんともいいですよねえ。

沢田マンションは100世帯が暮らす巨大マンション。その歴史を綴った「沢田マンションまめ知識」を眺めていると、なんだかひとつの街ができあがる過程を眺めているようで、ため息すらでるのでした。大家さんと住人たちが作るこのマンション。これが日本にただひとつの手作りマンションなのです。

沢田マンション物語 沢田マンション物語
古庄 弘枝 (2002/08)
情報センター出版局

この商品の詳細を見る


Lingkaran (リンカラン) 2006年 11月号 [雑誌] Lingkaran (リンカラン) 2006年 11月号 [雑誌]
(2006/10/14)
ソニー・マガジンズ

この商品の詳細を見る
0 CommentsPosted in 地域のはなし
プロフィール

bridge

Author:bridge
広島県江田島市周辺の、瀬戸内海の島に住む人々の暮らしを伝えるフリーマガジンBridge[ブリッジ]を発行しています。

ブリッジでは、他にも印刷物の企画制作、写真撮影、webデザイン、イベント企画などを行っています。詳しい業務内容はこちらを、また今までの制作事例はこちら(ブリッジの仕事)をご覧ください。

このブログはブリッジ編集長である、岡本礼教が書いています。ここでは地域の話題からネットの話題まで、雑多にがりがり書き綴ります。日々試行錯誤。

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。リンクの際には連絡は不要です。写真などの転載も、ブリッジの紹介などに使用してもらえるのなら、どうぞご自由にお使いください。

Twitter Bridge
Twitter やってます。地域のニュースや日々の話題はこちらから。
Facebook
フリーマガジンBridge
Bridge別冊『海と風』
イベントのお知らせ
ぐるぐるしましまあるある

ぐるぐるしましまあるある
場所 海友舎

2014年5月24日(土)・25日(日)
10:00~16:00


終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第4回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2014年4月27日(日)
10:00~15:00(小雨決行)

終了しました。ありがとうございました。


秋のえたじま手づくり市

第3回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年11月10日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第2回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年4月28日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


えたじま手づくり市

第1回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2012年11月11日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


ACHORDION LIVE in RePS

ACHRDION LIVE in RePS
場所 RePS(リプレイモトサービス2F)

2012年9月23日(日)
17:00オープン 18:00スタート


終了いたしました。ありがとうございました。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブリッジが縁で繋がった人たちへのリンクです。日々感謝。
ブログ内検索
メールフォーム
ブリッジに関するお問い合わせは、こちらのメールフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
カウンター