Google+
FC2ブログ

紙フェス(1日目の様子)

08 23, 2011
紙フェス

紙フェス2011 vol.1 を開催しました。広島では初となる、フリーペーパー、リトルプレス、ジンなどの自主制作出版物を集めたイベントです。写真は開催当日の朝、展示の最終チェックを行っているスタッフたち。いよいよ開催です。では、どうぞ!

紙フェス

紙フェス

8月21日(日)は、あいにくの雨模様。しかもオープンした11時には呉地方に大雨洪水警報が発令。外は土砂降り、JR呉線はストップという最悪の事態に。「これは誰も来ないかもしれないね…」というスタッフの落ち込みを他所に、ぽつりぽつりとお客さまがやって来てくれました。あの土砂降りの中、あぁ、なんてありがたい!

紙フェス

気がつけば雨は小降りに。そして会場が少しずつ賑やかになってきました。

紙フェス

電車が止まってしまい30分遅れてしまいましたが、トークイベントもスタートです。

紙フェス

ゲストはフリーペーパー『ぱんとたまねぎ』の発酵人、林舞さん(ぱんたまさん)です。今回はこのためにわざわざ福岡からお越しいただきました。紙もの好きのみなさんが、食い入るようにぱんたまさんのお話を聴いています。知られざる(?)ぱんとたまねぎの創作の秘密が、90分にわたって語られました。ぱんたまさんはとても気さくでチャーミングな方で、トークが終わった後もみんなに囲まれて話は尽きない様子でしたよ。

紙フェス

紙フェス

トークの聞き手は、今回のイベントの主催、呉ブックストリートの実行委員でもあり、呉のフリーペーパー『甘茶手帖』の発行人、黒星恵美子さんでした。テンポ良く、さすがのトーク進行。お疲れさまでした。

紙フェス

トークイベント終了後は会場も、この賑わい。たくさんの人が来てくれたイベント1日目も、そろそろ終了です。
0 CommentsPosted in ブリッジな日々

ZINEとリトルプレスとフリーペーパー

06 22, 2011
ZINEとリトルプレスとフリーペーパー

えーっと何の話かというと、この夏に呉市内で、ZINEとリトルプレスとフリーペーパーの展示会みたいなものを開催するお手伝いをさせていただくことになりました。これは呉で一箱古本市を開催した、くれBookStreet実行委員会の企画で、秋に開催予定の2回目の一箱古本市へのプレイベントです。

どうせやるなら面白いものをということで、現在いろいろと企画中です。フリーペーパーのワークショップもやりたいし、広島近辺でフリーペーパーやリトルプレスを作っている人達(いるのかな?きっといるよね)の交流の場になればと思うのです。まだ見たことのないZINEやリトルプレスやフリーペーパーに出会える場所があったらワクワクするでしょ?

というわけで、そういうの作ってるよ!という人募集中です。自分の作ってるものを、いろんな人に見てもらえるチャンスだし、ZINEとか好きな人がたくさん集まったら、きっと楽しいと思うんだよね。詳細はまた決まり次第、告知しますね。


くれ Book Street 2011
0 CommentsPosted in ブリッジな日々

泣きたい日のがんばりかた

06 22, 2011
泣きたい日のがんばりかた

以前、このブログでも紹介させていただいたことのあるZINE(ジン)『乙女通信』のイワフチメグミさんから、フリーペーパー『泣きたい日のがんばりかた』が届きました。震災後に発行された4号のテーマは、「すべての手紙はラブレターである」。

フリーペーパーは手紙に似ています。実際に手に触れるものというのは、何か特別な力があるのかもしれません。イワフチさんには、紙に書かれた言葉以上の何かを手渡されたような気がします。ありがとう。

「こんな時でも、あなたの日常とわたしの日常が等価で交換されますように。多分、これからが難しい。また笑いあえる日のために。」

こちらからも手紙を送ろうと思います。
…もう少し、待っていてください。


LUCY(乙女通信、イワフチメグミさんのブログ)


かわいい手紙かわいい手紙
(2011/02/21)
LUCY(ルーシー)

商品詳細を見る


イワフチさんの本がアスペクトから出ています。ぜひ。


girls ZINE ―女子のためのジン案内girls ZINE ―女子のためのジン案内
(2010/09/27)
不明

商品詳細を見る


ZINEって何?って人は、併せてこちらもどうぞ。
0 CommentsPosted in ブリッジな日々

呉の一箱古本市、その後

06 22, 2011
もう随分と前のことになっちゃいましたけど、呉で行われた一箱古本市に参加してきました。僕らは夫婦で出店したのですが、僕はもっぱら売るより買う方で…。

一箱古本市

甘茶手帖さんのところで、リトルプレスなどをがっつりと。あと川本三郎さんの単行本や、いろいろ、いろいろ。

らっこちゃん

うれしかったのはこの絵本、MAYA MAXX の『らっこちゃん』。なんと、売値30円。あまりに申し訳ないので、50円払ってきました(あまり変わらないか)。いい絵本なんです、これ。

おとうさんつうしん

これは同じ一箱古本市に出店していた女のコ二人組の店でもらったフリーペーパー『おとうさんつうしん』です。その片方の女のコが自分の働いている職場をテーマに作ったフリーペーパー、何と今回初めて自分でフリーペーパーを作ったのだそうです。

おとうさんつうしん

写真も自分で撮って、文章を書いて、印刷、製本まですべてひとりでやったというからたいしたものですよね。またセンスがいい(ここ大事!)。実はこのふたり、ブリッジ別冊『海と風』の取材も手伝ってくれたふたりです(散歩日和の取材と、海軍カレーを食べている女のコですよ)。また次も作ってね。がんばれー。


くれ Book Street 2011
0 CommentsPosted in ブリッジな日々

中国新聞に掲載されました

06 09, 2010
中国新聞踏ん張ってます

気がつけば、4ヶ月近くもブログを更新していませんでした。皆さまへの近況報告を兼ねて、今日の中国新聞(呉版)に掲載していただいた記事を貼っておきます。

会社が倒れてから早いものでもう1年が過ぎました。新聞の記事中にもあるように、日々の生活をどうするかで精一杯の毎日でした。それは今でも変わらないのですが、こうして何とかやってこれたのは、影になり日向になり支えてくれた家族、妻、仲間たちのおかげです。いくら感謝しても感謝しきれない、そんな気持ちで一杯です。

生活は相変わらず楽じゃないけど、自分が好きなこと、やりたいことをひとつでも持っていることで、人間何とか生きていけるもんだなぁと思うこの頃です。正直フリーペーパーどころじゃない時に、「これで終わらせて悔しくないの?一緒にがんばろうよ。もう1回出そうよ」と、僕の背中を叩いてくれたのは妻でした。いやはや、うちの嫁さんは僕より負けん気が強いのです。「また次も出すんでしょ?楽しみにしてるからがんばってね」と励ましてくれる人。「これ少ないけど印刷代の足しにしてよ」と協賛してくれる人。頼んでもいないのに勝手に募金箱を設置してくれた店舗もあります(嬉しすぎて泣きました)。そこまでみんなにしてもらって、もう終わりですなんて言えるわけないじゃないですか、ねえ。

そんな風にして、やっと発行に漕ぎつけたBridge11号は、今まで以上に様々な方の協力で広島県内はもちろん、北は北海道から南は九州鹿児島まで、全国に配られていきました。Bridgeを手にした人の中から、印刷関係の仕事を頼まれる機会も少なからずあります。とてもありがたいことです。

人と人、人と地域を繋げるのがブリッジの仕事です。なんて言ってきたけど、気がついてみれば、人に繋げてもらい、支えられていたのは他ならぬ自分でした。自分が前を向いている限り、もう少し歩いていけそうな気がしています。夜の遅い時間に長い話を聞いていただいた、中国新聞江田島支局の安部さん、どうもありがとう。さあ、もうちょっと踏ん張りますよ。
11 CommentsPosted in ブリッジな日々

みかん革命と、歩きながら考えること

01 24, 2010
judd

いろんなことが繋がったり広がったりする毎日です。ひょんなことからランドスケーププロダクツの中原慎一郎さんが、Bridgeに興味を持ってくれて、その縁で九州鹿児島のDWELLと、東京のTAS YARDにフリーマガジンBridgeを置いていただけることになりました。

先日、ブリッジを発送したところ、中原さんたちの作る鹿児島のフリーマガジン『judd(ジャッド)』をこちらに送ってくれました。このjuddのなかに中原さんが書いているコラムがあって、今回のテーマがすごく胸にぐっとくるものだったので、少しだけ引用します。中原さんが言うには、ミカンのことをカリフォルニアでは「SATSUMA」と呼ぶのだそうです。おそらく移民で移り住んだ薩摩の人々がそう伝えたのでしょう。たった1個のみかんという存在でも、その土地に生えていくことで風景をつくることができる、ということ。

やれ不景気だ、大きな商業施設が出来たから天文館の人が減ったとか、問題を考える前に自分以外のところにその問題点を見いだそうとする意見が多いように思います。今一度こういう状況であるならばこそ、どういう街になれば自分が楽しく生活できるのか考えたいと思うのです。(中略)魚市場やヨットハーバー、鹿児島にあるものは一応サンフランシスコの美しい港と同じなんです。ただないのはそこで行われるファーマーズマーケットやそこで寛ぐ市民の姿です。自分たちで始める町づくり、つまり自分のランドスケープ作りできないでしょうか、そろそろ。「みかん革命」って名付けますか。あの人の活動はいいみかん革命だねえとか、あの町内会の活動はみかん革命だよとか、あのビルの開発はみかん革命だね!とかね。



そうなんですよね。僕らがブリッジを通じてやっていきたいことも、まさに小さな「みかん革命」なんです。

歩きながら考える

もうひとつ、juddと一緒に入っていた活版印刷で刷られたカード。このカードの文章があまりにも素敵だったので、全文書き出します。

まず一歩をふみだし、歩いて行くことだ。デカルトは思考の格率のひとつとして、森の中で迷った旅人の例をあげ、一ヶ所にとまっていたり、あちこちとさまよい歩いたりしてはならず、たえず同じ方向へと歩き続けなければならない、といっている。「花の都」への道しるべは、歩いて行くあいだにみつかるかもしれない。考えるのは歩きながらがいい。歩きながら考えることによって、思考は弾力をもち、さまざまな展望を得ることができるだろう。

矢内原伊作「歩き初め」より(みすず書房刊『歩きながら考える』に収録)



まず一歩を踏み出すこと。歩いていくこと。そうか、僕も歩きながら考えればいいんだ。いや、歩きながら考えるべきなんだな。「花の都」への道しるべを見つけるために。

Judd. Design Office

Landscape Products Co.,Ltd.
DWELL Playmountain
TAS YARD タスヤード
2 CommentsPosted in ブリッジな日々

そうか、ZINEを作ればよかったのか

12 24, 2009
コヨーテ

そんなわけで、自分でもZINE(ジン)を作ってみました。といっても、ポストカード1枚分の小さなジンです。画用紙を切って、印刷はプリントゴッコとインクジェットプリンターで。1枚で1号、1つずつ袋に入れて販売します。1部50円。

コヨーテ

白状すると、これ、この前のおのみち手しごと市用に作ったものです。いやはや、ちっとも売れなかったんですけどね。

コヨーテ

『coyote barks in a little voice.』(コヨーテは小さな声で吠える)は、現在5号まで作っています。内容は詩とも散文とも物語とも言えないような、親しい誰かに宛てた手紙にも似た何かです。ただ自分でもどうしようもなく作ってみたくなったんだからしょうがないじゃないか、っていうのが正直なところです。だから多分、これからも続けて作ります。きっとこれは僕のなかで、仕事とBridgeというフリーペーパーと自分とのバランスを保つために必要なものなんでしょうね。もしもどこかでこのZINEを見かけたら、手にとってみてください。
0 CommentsPosted in ブリッジな日々

うれしいプレゼントが届く

12 24, 2009
かくれたかたち

うれしいプレゼントをいただきました。辻恵子さんの絵本です。贈ってくれたのは、先日も江田島でライブをしてくれたアコーディオンのお二人。

実は先日のライブ、僕は熱を出して寝込んでしまい、行くことができなかったのです。久しぶりにアコーディオンのお二人に会ったらいろんな話がしたいなと思っていながら、結局お会いすることができずに残念に思っていました。そしたらライブから数日後、家のポストにこの絵本が届いていたというわけです。

「最近、イラストレーターの辻恵子さんと仲が良いんですよ。とても面白い人ですよ」「えっ、そうなんですか!僕、結構前から辻恵子さんのファンなんですよー」という会話を憶えていてくれたのでしょうか。絵本を開くと辻さんのサインまで入っています。とても素敵なプレゼント、ありがとうございました。

TSUJI KEIKO
 はさみひとつで切り抜いたユーモラスなかたちたち。同じものを見ても、きっとこの人には違うかたちが見えているに違いないと思わせる、不思議な作家です。

achordion official site | アコーディオン
achordion - MySpace
 アコーディオンのMySpaceが始まっています。アコーディオンのいろんな曲が無料で試聴できますよ、ぜひ。
0 CommentsPosted in ブリッジな日々

10月18日の潮風マーケット

10 19, 2009
10月18日に開催された、今年最後の潮風マーケットの様子です。

潮風マーケット

潮風マーケット

風に強かったこの日、危うくテントが吹き飛ばされそうになりながらも、暖かい秋の日射しに恵まれて、のんびりと潮風マーケットのスタートです。

潮風マーケット

この日も好評だった、呉からやって来てくれた似顔絵描きのあやちゃん。どうも、ありがとう。

潮風マーケット

この日も歌ってくれた数田祐一くん。今度は呉の酒蔵でのライブもあるみたい。

潮風マーケット

リハーサル中のマギーさん。絵になりますね。

潮風マーケット

いつものゆるーい雰囲気で、穏やかな時間が過ぎていきます。

潮風マーケット

途中、フラダンスもあり。トニーが踊ってます。

潮風マーケット

潮風マーケット

新聞紙で作るエコバッグのワークショップ。講師は小さな先生です。

潮風マーケット

潮風マーケット

広島市立大学の学生たちも参加してくれました。

潮風マーケット

今年は4回にわたって開催した潮風マーケット。参加協力してくれた皆さま、会場に遊びに来てくれた皆さま、そして運営スタッフのUPTOUSのみんな、どうもありがとう!

毎回、さまざまな人と出会い、触れ合った4日間。こういうイベントを企画していちばん嬉しいのは、こうした人との出会いです。初めて出会った人も、遠くから訪ねてきてくれた友人も、一緒にイベントの準備を進めてくれた人も、ここで会った人たち、その全部が宝物です。

潮風マーケット

また来年、お会いしましょう!
relax and enjoy. Shiokaze Market !!
2 CommentsPosted in ブリッジな日々

9月27日の潮風マーケット

09 30, 2009
潮風マーケット

9月27日に開催した、今年3回目の潮風マーケットの様子です。この日はちょっとだけ秋の気配。それでも好天に恵まれ、ゆるーい雰囲気で潮風マーケット、スタートです。

潮風マーケット

潮風マーケット

遠くは岩国、広島市内、呉市内からさまざまな店が出店しました。潮風マーケット初の似顔絵描きも登場。好評でした。

潮風マーケット

恒例のフリーライブは、前回に続いてちぴぴと、この人。アントニー&功子の登場です。

潮風マーケット

うーむ、聴かせますね。またもや会場はチルアウトなフェス状態に。あぁ、気持ちいい。

そんな潮風マーケットも今年はあともう1回。今度は10月18日(日)に開催です。出店者も引き続き募集中。みんなで遊びに来てください!

Bridge 潮風マーケット2009の開催と出店者募集

もう少し写真があります。続きを読むからどうぞ。

続きを読む »

0 CommentsPosted in ブリッジな日々
プロフィール

bridge

Author:bridge
広島県江田島市周辺の、瀬戸内海の島に住む人々の暮らしを伝えるフリーマガジンBridge[ブリッジ]を発行しています。

ブリッジでは、他にも印刷物の企画制作、写真撮影、webデザイン、イベント企画などを行っています。詳しい業務内容はこちらを、また今までの制作事例はこちら(ブリッジの仕事)をご覧ください。

このブログはブリッジ編集長である、岡本礼教が書いています。ここでは地域の話題からネットの話題まで、雑多にがりがり書き綴ります。日々試行錯誤。

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。リンクの際には連絡は不要です。写真などの転載も、ブリッジの紹介などに使用してもらえるのなら、どうぞご自由にお使いください。

Twitter Bridge
Twitter やってます。地域のニュースや日々の話題はこちらから。
Facebook
フリーマガジンBridge
Bridge別冊『海と風』
イベントのお知らせ
ぐるぐるしましまあるある

ぐるぐるしましまあるある
場所 海友舎

2014年5月24日(土)・25日(日)
10:00~16:00


終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第4回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2014年4月27日(日)
10:00~15:00(小雨決行)

終了しました。ありがとうございました。


秋のえたじま手づくり市

第3回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年11月10日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第2回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年4月28日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


えたじま手づくり市

第1回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2012年11月11日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


ACHORDION LIVE in RePS

ACHRDION LIVE in RePS
場所 RePS(リプレイモトサービス2F)

2012年9月23日(日)
17:00オープン 18:00スタート


終了いたしました。ありがとうございました。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブリッジが縁で繋がった人たちへのリンクです。日々感謝。
ブログ内検索
メールフォーム
ブリッジに関するお問い合わせは、こちらのメールフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
カウンター