Google+

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田洋次監督の『故郷』を観る

11 29, 2009
故郷

久しぶりに映画を観に行った。呉映画サークルが主催する上映会。この呉映画サークル、何と今年で40周年を迎えるという。1969年から今日まで、ほぼ2ヶ月に1回のペースで呉シネマを借り切り、広島では観る機会が少ないマイナーな映画や、さまざまな名作映画を上映してきた。おかげで僕らは地方に暮らしながらも、近くで映画に触れるチャンスに恵まれている。

今回の40周年記念例会は、山田洋次監督特集と銘打って、『故郷』『家族』『同胞』の3本立て。どれも1970年代の映画。まずシネコンなんかでは観ることはできない映画だ。僕は仕事を切り上げて、最終の『故郷』の上映に何とか間に合うように映画館に滑り込む。

『故郷』は1972年に制作された映画。舞台は江田島の隣の島、倉橋島だ。1972年といえば、僕はいくつだっけ。そう、多分6歳くらい。当然、子供の頃の見覚えある懐かしい風景に出会うことになった。倉橋と呉を結ぶ音戸大橋は、まだピカピカの出来立て。倉橋と江田島を結ぶ早瀬大橋は、まだ建設中だった。車の姿はまばらで、舗装されていない道路にボンネットバスが走っている。島の人々の主な交通手段は、やっと船から車に移ろうとしている時代。でもこれ、実はたった40年ほど前のことなのだ。

映画の中で、護岸工事のために石を運ぶ「石船」で生計をたてる精一(井川比佐志)、民子(倍賞千恵子)の夫婦。漁師だった父(笠智衆)の面倒を見ながら、二人の小さな子供と共につつましやかに暮らしている。時が流れる中で船は老朽化してくる。二人の船は木造船で、せいぜい10tも積めばいいところ。時代は鋼船、船はどんどん大型化し300t積みの石船が現れ、二人の船の何十倍もの石を運んでいく。そして、精一はついに船を捨て、尾道の造船所で働く決断をする。

尾道に行く前に、造船所で働くことに決めた精一が、友人の魚屋、松下(渥美清)と話すシーンがある。流れ者の松下は、まあいわば寅さんみたいな役回りだ。松下は言う、「そうか、とうとう労働者になっちゃうわけだ。じゃあ、あんたはもう船長さんじゃなくなっちゃうんだねえ」。「船長も労働者も一緒じゃろうが。どこが違うんじゃ?」。仕事は仕事、何をやっても同じことだろうと精一は言う。それに松下はこう応える。「いいや、違うね。全然違う」「まず労働者より船長さんの方が賃が安い。そして、労働者より船長さんの方が仕事がきつい」。そう言って笑う二人。最後に松下はこう呟く。「でもね、やっぱり船長さんは船長さんなんだよね」。

最後の航海の日、宇品に石を運んだ帰りの海で、浜で焼かれる古い木造船を見た精一は、民子に涙を見せないように嗚咽しながら問いかける。

「民子、大きなもんたぁ、なんのことかのお。みんな言うとったじゃろうが。時代の流れじゃとか、大きなものには勝てんとか。ほいじゃが、そりゃあ、なんのことかいのお。大きなもんたぁ、何を指すんかいのお。何でわしら、大きなものには勝てんのかのお。なんでわしゃ、なんでわしゃ、この石船の仕事を、わしとお前で、わしの好きな海で、この仕事を続けていかれんのかいのお」。

大きなもの、とは近代化のことかもしれないし、資本主義社会やグローバリズムのことかもしれない。大漁旗を掲げて船上で酒盛りをしながら、宮島の管弦祭に向かうのどかな船の姿も、今はもうない。かつての300t積みの石船は、さらに大きな2000t積みの石船に取って代わられた。もちろん、精一が乗っていたような木造船の石船は、今は1隻もいない。島の斜面を彩っていた段々畑も、今はもうまばらだ。今も島の多くの人々は精一と同じように、仕事を求めて生まれた島を出て行く。

凄まじいスピードで時代は変わっていく。映画の中で今と変わっていないものは、美しい瀬戸内海の風景と、そこで額に汗して暮らす人々の顔だけだ。それだけは、多分この先何十年経っても変わらないんだろう。さて、僕は自分の生まれたこの島で何をしよう?大事な家族や友人のいるこの島で、僕は一体何をしようか。

ちぴぴ

おや、どこかで見たような後ろ姿。

ちぴぴ

そう、Bridge 11号にも登場してくれた、4人の子供の母であり、僧侶(坊守)であり、シンガーソングライターの「ちぴぴ」です。

実はこの映画、彼女の強力な推薦で今回の上映が決まったのだとか。12/6に江田島環境館で予定されている、上関原発建設問題を考える映画『ぶんぶん通信』の上映も、彼女が駆け回って実現に漕ぎつけたものです。何かが始まるのは、いつもたったひとりの人間が何かに向かって動き始めるから。それに共鳴した人々が、静かに繋がり始めることから、世の中は変わってきます。僕は、そう信じています。

関連記事
0 CommentsPosted in 映画のはなし
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

bridge

Author:bridge
広島県江田島市周辺の、瀬戸内海の島に住む人々の暮らしを伝えるフリーマガジンBridge[ブリッジ]を発行しています。

ブリッジでは、他にも印刷物の企画制作、写真撮影、webデザイン、イベント企画などを行っています。詳しい業務内容はこちらを、また今までの制作事例はこちら(ブリッジの仕事)をご覧ください。

このブログはブリッジ編集長である、岡本礼教が書いています。ここでは地域の話題からネットの話題まで、雑多にがりがり書き綴ります。日々試行錯誤。

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。リンクの際には連絡は不要です。写真などの転載も、ブリッジの紹介などに使用してもらえるのなら、どうぞご自由にお使いください。

Twitter Bridge
Twitter やってます。地域のニュースや日々の話題はこちらから。
Facebook
フリーマガジンBridge
Bridge別冊『海と風』
イベントのお知らせ
ぐるぐるしましまあるある

ぐるぐるしましまあるある
場所 海友舎

2014年5月24日(土)・25日(日)
10:00~16:00


終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第4回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2014年4月27日(日)
10:00~15:00(小雨決行)

終了しました。ありがとうございました。


秋のえたじま手づくり市

第3回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年11月10日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第2回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年4月28日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


えたじま手づくり市

第1回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2012年11月11日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


ACHORDION LIVE in RePS

ACHRDION LIVE in RePS
場所 RePS(リプレイモトサービス2F)

2012年9月23日(日)
17:00オープン 18:00スタート


終了いたしました。ありがとうございました。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブリッジが縁で繋がった人たちへのリンクです。日々感謝。
ブログ内検索
メールフォーム
ブリッジに関するお問い合わせは、こちらのメールフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。