Google+

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイオニアスピリットセミナー【Bridgeの話】

09 30, 2009
パイオニアスピリットセミナー
(写真提供:江田島青少年交流の家)

ちょっと前に話になりますが、8月22日に江田島青少年交流の家で開催された『パイオニアスピリットセミナー』に講師として参加させていただきました。参加者は江田島市内の中高校生約20名。

とはいえ、僕のことです。難しい話など出来るわけもなく、フリーペーパー「Bridge」についての話と、いくつかの質問に答え、そしてワークショップを行っただけです。ほとんどの子どもたちはブリッジの存在を知らず、この場所で初めて手にしたブリッジを興味深そうに読んでくれました。「自分たちにできることって何だろう?」。その小さなきっかけになっていたなら、僕も嬉しいです。

せっかくなので、ブリッジを読んだ子どもたちの感想を、いくつかピックアップして載せておきましょう。

■小さな江田島の中のことなのに、Bridgeを見て、たくさん知らないところがあったことが分かりました。
■「何気ない島の暮らしを、何気ない一言でまとめられる」そんなところが、かっこいいなあと思いました。
■散歩日和で色々な風景の中の、小さなニュースが載っていることが、私にとって、とても魅力的でした。猫が草むらから、しっぽを出しているのが、特に好きです。
■ひとつのテーマにとても思いが詰まっていて、すごいと思った。人が足りないけんって言ってたけど、表紙のモデルが奥さんってのが良いと思った。
■私たちが住んでいる近くや学校も紹介してください。きっとみんないい顔してますよ。
■表紙の言葉がすてきだと思いました。特にBridgeの7号の「好きなことで生きる」という言葉が好きです。
■島には何もないと思っていたけど、ブリッジを見て、意外と自分の知らないことがあったので、へぇってなった。

などなど。
その後、多くの質問をもらったのですが、時間の都合であまりきちんと答えられなかったので、この場で少しだけお答えします。興味のある人は、追記を読んでみてください。
パイオニアスピリットセミナー
(写真提供:江田島青少年交流の家)

■散歩日和で記事にしたいものが見つからない時ってありますか?また、その時はどうしていますか?
□散歩日和はその名の通り、散歩しながら近所の風景を写真に撮るコーナーですからね。町を歩いていれば、必ず何か見つかるものです。

■写真を撮る場所(地域)は、どのようにしてきめるのですか?
□ここを写真に撮って載せたいなぁ、と常々思っている場所もありますし、取材に出掛けた時に初めて知る場所もあります。いわば「縁」ですね。

■どうしてBridgeという名前なんですか?
□Bridgeとは橋のこと。地域や人の架け橋になるように、との願いからブリッジという名前にしました。実際の島も橋で繋がってるしね。

■なぜBridgeという本を作ろうと思ったのですか?
□フリーペーパーくらいなら自分たちでも作れるかなぁ、という単純な思いからです。これで地域興しを、というわけじゃなく、ブリッジをきっかけにいろんな面白いことが繋がっていけばいいなぁと思っています。

■どうやってお店(情報)とかを探すんですか?
□特に探したりはしません。前に取材した時に仲良くなった人からの紹介とか、たまたま出会った人がおもしろい人だったとか。あそこに行ってみたら、と勧められたりとかですね。

■載せている情報はすべて自分で調べているのですか?
□そうです。すべて自分の足で訪ね、人と会って話して得た情報です。

■Bridge無料の理由は?
□気軽にいろんな人に手に取ってもらいたいから、というのが一番の理由ですが、あまり広告のスポンサーばかり集めても、提灯持ちみたいな記事ばっかりじゃつまんないと思ったからです。だから作るのは楽しいけど、辛いことも時たま…。

■by the sea, by the people というコーナーは、どのようにしてインタビューする人を決めているのですか?
□基本的に編集長の僕が「これは素敵だ!」と思った人にアポを取って取材します。この島には素敵な人が沢山いて選ぶのも大変です。まあ、でもよく断られたりもしますけどね。

■どうやったら写真がきれいにとれるんですか?
□君たちの持ってるカメラよりも、ちょっと高いカメラを使っているからじゃないかなぁ。あと、たくさん撮ること。その中から、良いものだけを選んでいるから。

■どうやって人の笑顔を撮っていますか?工夫しているところは?
□これもやっぱりたくさん撮ることかな。あとたくさん話をして、仲良くなること。ファインダーを覗かずに、話をしながらシャッターを切ったりとかの工夫もします。

■文章を書くときに気を付けているところはどこですか?
□嘘を書かないこと。できるだけわかりやすい言葉で書くこと。声に出して読んでみて、リズムのいい文章にしようとは心がけています。

■どんなことを思いながら取材をしているのですか?
□「この場所(人)のことをみんなが知って、いろんな人が訪ねてきてくれたらいいなー」とか。「ブリッジを読んで、行ってみたいなと思って江田島に来たんですよ」という人の声を聞いたら、やっぱり嬉しいじゃないですか。そう思いません?

パイオニアスピリットセミナー
(写真提供:江田島青少年交流の家)

最後に、こうした機会を与えてくれた国立江田島青少年交流の家の芳川さん、岡川さん、植田さん、どうもありがとうございました。子どもたちもみんな、どうもありがとう!
関連記事
0 CommentsPosted in ブリッジな日々
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

bridge

Author:bridge
広島県江田島市周辺の、瀬戸内海の島に住む人々の暮らしを伝えるフリーマガジンBridge[ブリッジ]を発行しています。

ブリッジでは、他にも印刷物の企画制作、写真撮影、webデザイン、イベント企画などを行っています。詳しい業務内容はこちらを、また今までの制作事例はこちら(ブリッジの仕事)をご覧ください。

このブログはブリッジ編集長である、岡本礼教が書いています。ここでは地域の話題からネットの話題まで、雑多にがりがり書き綴ります。日々試行錯誤。

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。リンクの際には連絡は不要です。写真などの転載も、ブリッジの紹介などに使用してもらえるのなら、どうぞご自由にお使いください。

Twitter Bridge
Twitter やってます。地域のニュースや日々の話題はこちらから。
Facebook
フリーマガジンBridge
Bridge別冊『海と風』
イベントのお知らせ
ぐるぐるしましまあるある

ぐるぐるしましまあるある
場所 海友舎

2014年5月24日(土)・25日(日)
10:00~16:00


終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第4回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2014年4月27日(日)
10:00~15:00(小雨決行)

終了しました。ありがとうございました。


秋のえたじま手づくり市

第3回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年11月10日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第2回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年4月28日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


えたじま手づくり市

第1回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2012年11月11日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


ACHORDION LIVE in RePS

ACHRDION LIVE in RePS
場所 RePS(リプレイモトサービス2F)

2012年9月23日(日)
17:00オープン 18:00スタート


終了いたしました。ありがとうございました。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブリッジが縁で繋がった人たちへのリンクです。日々感謝。
ブログ内検索
メールフォーム
ブリッジに関するお問い合わせは、こちらのメールフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。