Google+

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリッジについて

11 17, 2006
広島県江田島市は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。小さな島ながらも、30,000人の人々が暮らす僕らの地元です。豊かな自然と美しい海に囲まれたこの島は、2つの大きな橋で本土と結ばれていて、呉市まで車で30分、広島市内まで車で約1時間半の距離。広島宇品港と呉港からは、毎日多くの船便があり、フェリーや高速艇が頻繁に行き交うところです。

しかし、この島に暮らしていて思うのは、どうも最近のこの町は元気がないんじゃないの?ってこと。せっかく自分たちが暮らしている町なんだから、そこに暮らす自分たちの手でもっとおもしろい町にしていくことはできないのかな?とにかく何か始めてみよう。まずは地元から。自分たちのできることを。そう思ったのが、ブリッジの始まりでした。

でも、何も持っていない僕らに何ができるのか?じゃあ、まずはインターネットを使ってみんなで情報を共有することから始めてみたらどうだろうか?いや、ネットだけじゃダメだろう。もっと多くの人にこの島のことを知ってもらうには?僕らがやっているってこと知ってもらうには?

そして僕らはフリーペーパーを作り始めました。小さな小さな始まりですが、まあ、何だって初めは小さな事からスタートしてゆくものです。これがこの先どうなるかは、まだまだ僕らにもわからないのです。

「Bridge(ブリッジ)」とは「橋」のこと。このフリーペーパーが、人と人、人と地域を繋ぐささやかな架け橋になるように。みんなの小さな声が集まって、やがて大きな未来への流れが出来ればいい。「ACT LOCAL,THINK POSITIVE.」今、地域でできることを、前を向いて考えよう!
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

bridge

Author:bridge
広島県江田島市周辺の、瀬戸内海の島に住む人々の暮らしを伝えるフリーマガジンBridge[ブリッジ]を発行しています。

ブリッジでは、他にも印刷物の企画制作、写真撮影、webデザイン、イベント企画などを行っています。詳しい業務内容はこちらを、また今までの制作事例はこちら(ブリッジの仕事)をご覧ください。

このブログはブリッジ編集長である、岡本礼教が書いています。ここでは地域の話題からネットの話題まで、雑多にがりがり書き綴ります。日々試行錯誤。

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。リンクの際には連絡は不要です。写真などの転載も、ブリッジの紹介などに使用してもらえるのなら、どうぞご自由にお使いください。

Twitter Bridge
Twitter やってます。地域のニュースや日々の話題はこちらから。
Facebook
フリーマガジンBridge
Bridge別冊『海と風』
イベントのお知らせ
ぐるぐるしましまあるある

ぐるぐるしましまあるある
場所 海友舎

2014年5月24日(土)・25日(日)
10:00~16:00


終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第4回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2014年4月27日(日)
10:00~15:00(小雨決行)

終了しました。ありがとうございました。


秋のえたじま手づくり市

第3回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年11月10日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第2回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年4月28日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


えたじま手づくり市

第1回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2012年11月11日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


ACHORDION LIVE in RePS

ACHRDION LIVE in RePS
場所 RePS(リプレイモトサービス2F)

2012年9月23日(日)
17:00オープン 18:00スタート


終了いたしました。ありがとうございました。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブリッジが縁で繋がった人たちへのリンクです。日々感謝。
ブログ内検索
メールフォーム
ブリッジに関するお問い合わせは、こちらのメールフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。