Google+

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうか、ZINEを作ればよかったのか

12 24, 2009
コヨーテ

そんなわけで、自分でもZINE(ジン)を作ってみました。といっても、ポストカード1枚分の小さなジンです。画用紙を切って、印刷はプリントゴッコとインクジェットプリンターで。1枚で1号、1つずつ袋に入れて販売します。1部50円。

コヨーテ

白状すると、これ、この前のおのみち手しごと市用に作ったものです。いやはや、ちっとも売れなかったんですけどね。

コヨーテ

『coyote barks in a little voice.』(コヨーテは小さな声で吠える)は、現在5号まで作っています。内容は詩とも散文とも物語とも言えないような、親しい誰かに宛てた手紙にも似た何かです。ただ自分でもどうしようもなく作ってみたくなったんだからしょうがないじゃないか、っていうのが正直なところです。だから多分、これからも続けて作ります。きっとこれは僕のなかで、仕事とBridgeというフリーペーパーと自分とのバランスを保つために必要なものなんでしょうね。もしもどこかでこのZINEを見かけたら、手にとってみてください。
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in ブリッジな日々

そうか、ZINEと呼べばよかったのか

12 24, 2009
Lilmag

ZINE(ジン)って何?

ZINEは英語で「有志の人々が制作する、たいていの場合は少部数の、非商業的な(利益を出すことが第一の目的ではない)出版物」のこと。「MAGAZINE(マガジン)」から「FANZINE(ファンジン)」という言葉が生まれ、省略されて「ZINE」になりました。日本では、これに重なる意味を持つものとして、ミニコミ・同人誌・自費出版・小出版物・自主出版物・リトルマガジン・リトルプレス……等々、さまざまな言葉および概念が存在しています。ここではこれらをひとまず全部ひっくるめて「ZINE」と呼び、「個人が自分の意思で好きなように作り、読まれる本」周辺文化に「特に」注目していきたいと思います。

当店について - Lilmag----zine and other publications.より引用



個人が自分の意思で好きなように作って配る本。そうか、ZINEと呼べばよかったのか。一般の書店ではまず流通することのないZINE、これがとても面白いんですよ。そんなわけで、上記のZINEを取り扱うウェブショップ Lilmagで購入したZINEを少しだけ紹介します。

乙女通信

イワフチメグミさんが作るジン『乙女通信』。この乙女通信という名前に騙されちゃいけません(いや、騙されてもいいんだけど)。17号の特集は「手紙を書く」。で、この内容が楽しいんです。

毎号ワンテーマでお送りする乙女通信。今号の特集は「手紙を書く」。
UFOが映り込んだ風景写真を刷ったA3のわら半紙ポスター、A4便せん2枚、B5便せん2枚、間違い探し風A5便せん4枚、分解してしまった洋書『HOW TO WRITE LETTERS』の1頁にシルクスクリーンで模様を刷ったもの、世界の軍事費ランキングがプリントされたはがきを詰め合わせ。
印刷はリソグラフ、コピー、シルクスクリーンで単色ないしは2色刷り、紙はわら半紙やクラフト紙という低コストの製作手段を、洒落たセンスが輝かせます。日記風ミニ・ジン付。

乙女通信 17号 - Lilmag----zine and other publications.より引用



どうですか、これ。ワクワクしてくるでしょ。

乙女通信

乙女通信14号は「鉄塔」特集、15号は「夢日記のススメ」(ノート付き)、16号は「占い」(タロットカード付き)と、それぞれに濃い内容とチープで洒落たデザイン。雑誌として楽しいのはもちろん、手で触って眺めて嬉しいのがこうした紙ものの持つ魅力ですよね。

LUCY

時折付いてくるミニ・ジン(フリーペーパー)も楽しい。これ、A3のコピーを折って冊子にしたものですが、よりパーソナルな手紙に近い近況報告みたいなもので、すごくいいです。こういうの手にしたら、きっとみんなも何か作ってみたい!って思うんじゃないかな。自分が作りたいと思ったものを形にしたときの喜び、それを誰かが読んでくれたときの嬉しさ。そのために自分でこつこつ作ってる時のワクワクした気持ち。そんな思いがぎゅぎゅっと詰まってるZINEです。

L U C Y
 乙女通信を作ってるイワフチメグミさんのブログ。

Lilmag----zine and other publications.
 ZINE(ジン)/ミニコミ/アーティストブック、多種多様なインディペンデント・パブリッシング、世界の同人誌・同人誌の世界、アートとサウンド、クラフトとD.I.Y.を取り扱うウェブショップ。乙女通信もここから購入できます。ぜひ。
0 CommentsPosted in 本のはなし

フリーペーパーは楽しい

12 24, 2009
フリーペーパー

昔っから紙ものや雑誌が好きなのですが、自分がフリーペーパーを作っていることもあって、面白そうなフリーペーパーにはいつも興味津々です。フリーペーパーといっても、企業が出しているようなクーポン付きみたいなものには全く興味がありません。広告ばっかりみたいなのもつまんない。じゃあ、どんなのが好きなのかというと、独自の視点を持って、しっかり見せて読ませるものがやっぱり好きなんですよね。

『judd.』は、鹿児島のフリーペーパー。テーマは「鹿児島の私たちの周辺」をタイトルに鹿児島で生活している私たちの日常を主に掲載します、というもの。ローカルなテーマにもかかわらず、しっかり読ませるテキスト、執筆陣も素敵で、さすがにデザイン事務所が作っているだけあってデザインも洒落ています。

創刊されたばかりの『YODEL』は福岡のフリーペーパー。ワンテーマのフリーペーパーで創刊号のテーマは「山」。こちらも豪華な執筆陣(小柳帝さんの名前も)のコラムがとにかく充実しています。僕はちょっと詳しくないのですが、知る人ぞ知る福岡の隠れ名店organと、そのorganが中心となって活動するデザイン集団 Enough のメンバーが中心になり創刊されたフリーペーパーということです。

『アートフォーオール』はビームスが発行するフリーペーパー。創刊号は松浦弥太郎インタビューと鹿児島の特集。編集はリラックスやクウネルの編集者、岡本仁さん。デザインと印刷はパピエラボという、好きな人にはたまらないフリーペーパーです。

こうして見ると、面白いと思うフリーペーパーはただ「無料」というだけじゃなく、雑誌として本として魅力的なものばかりです。だから近くになければ取り寄せてでも欲しいと思うし、手に入れたら大事に手元に取っておきたい。そして、面白いと思う気持ちをシェアしたいと思うのです。

Judd. Design Office » Free Paper

福岡発フリーペーパー “YODEL” 発刊 | Publik:

アート フォー オール | PAPIER LABO.
0 CommentsPosted in 本のはなし

うれしいプレゼントが届く

12 24, 2009
かくれたかたち

うれしいプレゼントをいただきました。辻恵子さんの絵本です。贈ってくれたのは、先日も江田島でライブをしてくれたアコーディオンのお二人。

実は先日のライブ、僕は熱を出して寝込んでしまい、行くことができなかったのです。久しぶりにアコーディオンのお二人に会ったらいろんな話がしたいなと思っていながら、結局お会いすることができずに残念に思っていました。そしたらライブから数日後、家のポストにこの絵本が届いていたというわけです。

「最近、イラストレーターの辻恵子さんと仲が良いんですよ。とても面白い人ですよ」「えっ、そうなんですか!僕、結構前から辻恵子さんのファンなんですよー」という会話を憶えていてくれたのでしょうか。絵本を開くと辻さんのサインまで入っています。とても素敵なプレゼント、ありがとうございました。

TSUJI KEIKO
 はさみひとつで切り抜いたユーモラスなかたちたち。同じものを見ても、きっとこの人には違うかたちが見えているに違いないと思わせる、不思議な作家です。

achordion official site | アコーディオン
achordion - MySpace
 アコーディオンのMySpaceが始まっています。アコーディオンのいろんな曲が無料で試聴できますよ、ぜひ。
0 CommentsPosted in ブリッジな日々
プロフィール

bridge

Author:bridge
広島県江田島市周辺の、瀬戸内海の島に住む人々の暮らしを伝えるフリーマガジンBridge[ブリッジ]を発行しています。

ブリッジでは、他にも印刷物の企画制作、写真撮影、webデザイン、イベント企画などを行っています。詳しい業務内容はこちらを、また今までの制作事例はこちら(ブリッジの仕事)をご覧ください。

このブログはブリッジ編集長である、岡本礼教が書いています。ここでは地域の話題からネットの話題まで、雑多にがりがり書き綴ります。日々試行錯誤。

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。リンクの際には連絡は不要です。写真などの転載も、ブリッジの紹介などに使用してもらえるのなら、どうぞご自由にお使いください。

Twitter Bridge
Twitter やってます。地域のニュースや日々の話題はこちらから。
Facebook
フリーマガジンBridge
Bridge別冊『海と風』
イベントのお知らせ
ぐるぐるしましまあるある

ぐるぐるしましまあるある
場所 海友舎

2014年5月24日(土)・25日(日)
10:00~16:00


終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第4回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2014年4月27日(日)
10:00~15:00(小雨決行)

終了しました。ありがとうございました。


秋のえたじま手づくり市

第3回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年11月10日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第2回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年4月28日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


えたじま手づくり市

第1回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2012年11月11日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


ACHORDION LIVE in RePS

ACHRDION LIVE in RePS
場所 RePS(リプレイモトサービス2F)

2012年9月23日(日)
17:00オープン 18:00スタート


終了いたしました。ありがとうございました。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブリッジが縁で繋がった人たちへのリンクです。日々感謝。
ブログ内検索
メールフォーム
ブリッジに関するお問い合わせは、こちらのメールフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。