Google+

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰もが絵を描くべきだ

02 26, 2009

「大学でよく講演をやっていた当時、わたしはこういった。「みなさん、芸術に手を染めなさい。どんなにまずくても、どんなにうまくても、それでみなさんの魂は成長します」と。

みんなが芸術をやるのはそのためだ。有名になりたいからでも、金持ちになりたいからでもない。自分の魂を成長させるためだ。美術批評をいろいろ読んで不満を感じるのは、それがみんなから絵を描きたいという意欲を奪うことだ。ダンスの批評も、みんなから踊りたいという意欲を奪うことだ。それじゃ、いけない。だれもが絵を描くべきだ。やってみると、なかなか気分のいいものだしね。だが、批評家にいわせると、斬新でないとだめ。まるで芸術にも進歩が必要だ、といわんばかり。冗談じゃない、進歩をめざす必要はない。芸術は一種のいたずらだ、美術家はいたずら小僧だ。実際にはなにも起きてないが、彼らはみんなを感情的に反応させようとする。芸術をまなぶのは、自分のたましいを養なうためで、出世するとか、有面人になるとか、金持ちになるとかのためじゃない。あくまでも人生の過程だ。芸術は、食事や、セックスや、運動と同じで、成長に不可欠なものだ。それによって人間は自分が何者かを発見できる。

以前のわたしはよく聴衆に議論をふっかけたものだが、いまはもうそんな機会もない。もしそんな機会があれば、こういうだろう。「今夜、ひとつ詩を書きなさい。それをできるだけいいものにしていく。四行、六行、それとも八行。できるだけいいものに。ただし、その詩のことはだれにも話さない。誰にも見せない。やがて、そして、これ以上にならないと満足したら、原稿をビリビリ引き裂いて、ほうぼうのゴミ箱へばらばらに捨てれば、自分の努力の完全な報酬を受け取ったことがわかります」。それが創造という行為であり、そこから大きな満足が得られるわけだ。」 

カート・ヴォネガット「すべて成し遂げた後の憂鬱」



イルコモンズのふた。 : ▼やっぱり芸術に(C)はなくてもいいと思う(その理由)
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in ブリッジな日々

今日の話題

02 25, 2009
鹿児島のブログ市長、今度は職員給料268人分をHP公開 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
阿久根市の税収は20億円。そこから人件費だけで17億3千万円が支払われているという。(さるさる日記 - 阿久根時事報

「中川番」記者からも説明がほしい - 新聞案内人
「とにかく驚くのは、中川氏の周辺の人間たちが、あの状態で大臣が記者会見に出席することを止めなかった(止められなかった)ことだ。」これ、ほんとそうだね。

かんぽの宿にまつわる例え話:イザ!
うまいこと言うなぁ。

子どもを花粉症にしないための9か条 -医療介護CBニュース-
適度に不潔な方が良いみたいね。

CDが飛び出してくるケースの作り方  : ライフハッカー[日本版]
こりゃいい!


何、この6歳児の足技のうまさ!
0 CommentsPosted in 今日の話題

今度の『人気もん!』は江田島編です

02 19, 2009
ninki.jpg

タレントの柳沢慎吾と一戸奈美が中国地方の様々な地域を訪ね、元気で明るい地元の人たちいっしょに、地域の様々な活動を広く紹介していく番組、テレビ新広島の『人気もん!』。今度の放送は江田島編です。オンエアは2月22日(日)朝9:30~10:00まで。

この江田島編には、ブリッジでもお馴染み、鬼壺豆腐の徳永豆腐店、アーテコハウス(と愉快な仲間たち)、夕日のショコラのコスモスの会、紙布の津島織物製造、カキ打ち体験&焼き牡蠣の山岡水産などが登場します。僕らも案内役としてちょっと出ています。お見逃しなく!

人気もん! - テレビ新広島
人気もん!(中国電力)
中国電力のサイトには、この日に紹介されたお店情報などが詳しく載っています。(2月22日放送分

徳永豆腐店
ARTECO HOUSE(アーテコハウス)
津島織物製造
山岡水産
3 CommentsPosted in 今日の話題

今日の話題

02 17, 2009
めがねを外して見る世界-渋谷のカフェで写真展「のび太のせかい」 - シブヤ経済新聞
25歳の写真家「のび太」の撮る、ぼやけた写真が楽しそうだ。(のび太のせかい

「古本カフェ」静かに文化発信 太宰治関連に特化 映画鑑賞・俳句会を開催 - MSN産経ニュース
そう、カフェが発信するのは「文化」であってほしい。

デザイン会社を始めようと思う人の99パーセントは、お金が稼ぎたいなんて思ってはいない | ナガオカ日記 | D&DEPARTMENT

大抵の企業は自分のことしか考えてません。環境にやさしいとか、地域貢献とかいっても、実際は何もしていないのと一緒。だから、その逆に何か街のためにしようとか思う気持ちに触れると、なにかしてあげたくなる。
まったく知らない依頼者でも、条件を作り出して仕事として受ける世界から、ちょっと遠くに行きたくなりました。やっぱり「大好き」にならないと、その会社のことになど、時間は割けられないハズ。仕事など適当にやろうと思えばいくらでもできます。締め切り前日に適当にやって、スケジュールいっぱいを使って汗をかくふりなど、誰にでもできる。それでは人間としての気持ちが参ってしまう。


ほんとそうだ。僕らは気持ちで動いている。やはり好きにならないと、その会社のことに時間なんて割けないもんね。

asahi.com(朝日新聞社):村上春樹さん、エルサレム賞記念講演でガザ攻撃を批判 - 文化
村上春樹さんの講演要旨 - MSN産経ニュース
イルコモンズのふた。 : ▼「街と、その不確かな壁」から「こわれやすい卵たち」へ
「どんなに壁が正しく、どんなに卵が間違っていても、私は卵の側に立つ」という決意表明。

村上春樹: 常に卵の側に
スピーチ全文が和訳されています。
0 CommentsPosted in 今日の話題

房総の暮らしを巡る旅『旅のかばん』

02 15, 2009
tabi-1.jpg

ちょっと前にこのブログでも紹介した『きっと』と同じように、やはり雑誌で知った房総の暮らしを紹介する小冊子『旅のかばん』が届きました。

tabi-2.jpg

A5版カラー31ページの誌面には、房総の風景とそこに暮らす魅力的な人々が紹介されています。まず、目を奪われるのが写真家、平野太呂の撮影した美しい写真です。

tabi-3.jpg

そして何より面白かったのは、何となく知っているようでいて知らなかった、房総に暮らす人々の活き活きとした暮らしぶりでした。地域と人を繋げる地域通貨「安房マネー」や、そこから生まれた「あわあわマーケット」など。房総の地に惹かれ、そこに移り住む人々がいるということは、それなりにちゃんとした理由があるのです。

2008年の6月に創刊されたこの小冊子の最後のページには、編集者の吉田泰洋さんのあとがきがあります。以下、引用します。

一冊の本をつくることをきっかけに、房総で暮らすたくさんの人たちと知り合うことができました。自分の生まれ故郷を好きになろうとしてはじめた雑誌づくり。おいしい食べ物よりも、美しい風景よりも、ぼくにとってはその土地で暮らす人たちとの出会いがいちばんの楽しみでした。地元の方たちも移住の方たちも、快く取材に応じてくださったことを、心より感謝します。読者の皆さんにとってこの一冊が、房総へ連れ添う『旅のかばん』になってくれることを願っています。



この気持ちはとてもよくわかります。こんな出会いがあるからこそ、僕もブリッジを作り続けているのです。

itohen | books
定価300円の旅のかばんは、上記リンク先から購入できます。

far.m blog | 旅のかばん-房総の暮らしを巡る旅-
その他の取扱い店舗は、上記のブログで紹介されています。
2 CommentsPosted in 本のはなし

おがわとーるライブ in ARTECO HOUSE

02 15, 2009
ogawa.jpg

北海道を中心に全国でライブ活動を行っているおがわとーる。広島でのライブツアーの中で、江田島のアーテコハウスでのライブが決定しました。

《おがわとーるライブ》

日時:2009年3月8日(日) OPEN:15:00 START:15:30~
場所:江田島市沖美町美能 ARTECO HOUSE
料金:1,500円(1ドリンク付き)
予約/問い合わせ:アーテコハウス 0823-47-0678 (30名限定)

◆おがわとーる プロフィール

夕張郡栗山町出身。ガットギター弾き語りのスタイルを中心に、北海道のみならず、様々な地域で活動中。ロック、ポップス、ボサノバ、演歌など、様々な音楽を取り込んだ独自のスタイルを持ち、ライヴでの即興には定評がある。 
1stアルバム「Present Perfect」では、歌、ギター、ベース、ヴォイストランペット、パーカッション、ドラムなど全ての楽器を自ら演奏・多重録音しており、その器用さには目を見張るものがある。
2001年から1年半、CanadaのVancouverに語学留学し、帰国後には英会話講師も経験している。それ以前には、東京でのサラリーマンも経験しており、理想に溺れることも、現実に囚われることもない、絶妙のバランスを持った歌詞が、幅広い世代からの共感を得ている。

おがわとーるWeb

おがわとーるスケジュール/ウェブリブログ

江田島の他、全5ヶ所での広島ライブツアーの詳細は、上記リンク先からご確認ください。

今日の話題

02 13, 2009
0 CommentsPosted in 今日の話題

高遠発のリトルプレス『きっと』

02 11, 2009
kitto-1.jpg

長野県伊那市高遠町から、リトルプレス『きっと』の創刊号が届きました。

kitto-3.jpg

うちの嫁さんがたまたま雑誌で見かけて興味を持って、早速注文してくれたものです。この小冊子、雑誌を作るのは初めてという、3人の女性が発行しています。

kitto-2.jpg

誌面から伝わってくるのは、まだ行ったことのない長野の冬の匂いと、3人の編集者の静かな情熱です。初めてでここまでつくるのは、さぞかし大変だったはず。丁寧な取材と、気持ちのこもった文章。多分、この小冊子を手に取った誰もが、薪ストーブの中で揺れる炎にも似たような暖かさを感じるはずです。

500円で販売している『きっと』は、僕らが作っているフリーペーパーとはかたちこそ違いますが、地域に根を張った暮らしを伝えるというコンセプトはまったく同じ。『きっと』の表紙に書かれているような、「小さな出会い」が、これからもっと広がっていくことでしょう。

きっと
リンク先から注文できます。ぜひ、どうぞ。
0 CommentsPosted in 本のはなし

カープグッズがすごいみたい

02 09, 2009
carp.jpg

広島カープのグッズ販売サイトがすごい。何、このクオリティーの高さ!ユナイテッドアローズともコラボとか、限定品は即完売とか。とりあえず、僕はこのニューエラのキャップが欲しいけど、在庫切れかぁ。

CARP OFFICIAL GOODS SHOP
広島カープの新グッズ 続・妄想的日常
2 CommentsPosted in ネットのはなし

IMAGINE

02 04, 2009
毎日どこかで殺し合い、虐殺、弾圧、奪い合い。僕らが夢見ていた21世紀は、こんな筈じゃなかっただろう?



ちがう 君ひとりじゃない 仲間がいるのさ ほら ここにいるぜ
0 CommentsPosted in ブリッジな日々
プロフィール

bridge

Author:bridge
広島県江田島市周辺の、瀬戸内海の島に住む人々の暮らしを伝えるフリーマガジンBridge[ブリッジ]を発行しています。

ブリッジでは、他にも印刷物の企画制作、写真撮影、webデザイン、イベント企画などを行っています。詳しい業務内容はこちらを、また今までの制作事例はこちら(ブリッジの仕事)をご覧ください。

このブログはブリッジ編集長である、岡本礼教が書いています。ここでは地域の話題からネットの話題まで、雑多にがりがり書き綴ります。日々試行錯誤。

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。リンクの際には連絡は不要です。写真などの転載も、ブリッジの紹介などに使用してもらえるのなら、どうぞご自由にお使いください。

Twitter Bridge
Twitter やってます。地域のニュースや日々の話題はこちらから。
Facebook
フリーマガジンBridge
Bridge別冊『海と風』
イベントのお知らせ
ぐるぐるしましまあるある

ぐるぐるしましまあるある
場所 海友舎

2014年5月24日(土)・25日(日)
10:00~16:00


終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第4回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2014年4月27日(日)
10:00~15:00(小雨決行)

終了しました。ありがとうございました。


秋のえたじま手づくり市

第3回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年11月10日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第2回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年4月28日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


えたじま手づくり市

第1回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2012年11月11日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


ACHORDION LIVE in RePS

ACHRDION LIVE in RePS
場所 RePS(リプレイモトサービス2F)

2012年9月23日(日)
17:00オープン 18:00スタート


終了いたしました。ありがとうございました。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブリッジが縁で繋がった人たちへのリンクです。日々感謝。
ブログ内検索
メールフォーム
ブリッジに関するお問い合わせは、こちらのメールフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。