Google+

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Michael Fracasso LIVE SHOW のお知らせ

10 28, 2008
Michael Fracasso

今月のアーテコハウス・マンスリーライブは、『Michael Fracasso LIVE SHOW』。

《Michael Fracasso LIVE SHOW at ARTECO HOUSE》
日時:2008年10月31日(金) OPEN:18:30 START:19:00~
場所:江田島市沖美町美能 ARTECO HOUSE
料金:2,500円(1ドリンク付き)
予約/問い合わせ:アーテコハウス 0823-47-0678 (30名限定)

◆Michael Fracasso プロフィール
全米有数の音楽都市テキサス州オースティンを代表するベテラン・シンガー・ソングライター、マイケル・フラカッソ。最新作の”Red Dog Blues”は、ヨーロッパ・アメリカーナ・チャートでNo.1を獲得。カントリーやブルースの要素も持つが、その音楽の基盤はフォーク。そこに独自のポップ感覚もおりまぜる。ロイ・オービスンのトーンに、バディ・ホリーのヴィブラートを持つ歌声に注目が集まる。

MySpace.com - Michael Fracasso
ここからマイケル・フラカッソの曲を試聴できます。
MySpace.com - @Home
今回の Michael Fracasso JAPAN TOUR 2008 を企画した岩見さんのサイト。呉市在住のプロモーターで、西日本エリアを中心に日本で未だ知られざるアメリカーナ音楽、ロックン・ロール、フォーク、カントリー、ブルースなどのアメリカン・ルーツ・オリエンテッドなロック、シンガー・ソングライターの音楽を紹介している方です。

そして Michael Fracasso からの歌とメッセージも届いています!



◆ARTECO HOUSE Cafe Bar への地図


大きな地図で見る
スポンサーサイト

今日の話題

10 24, 2008
JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた、という話 - 音極道 Music Hacks
JPOPの王道進行。これはなかなか面白かった。ぜひ動画も見てください。

 ●JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた - エクサの口に戸は建たない
 ニコニコ動画のアカウントが無い人はこちらで見られます(上の2つね)。あと、コメントは消して見た方がスッキリするかも。

 ●音極道茶室: YouTubeで見る "J-POP王道コード進行" の歴史
 合わせてこちらのエントリもどうぞ。

それって芸術? 広島の空に「ピカッ」の文字 - MSN産経ニュース
広島上空に「ピカッ」の文字 / 中国新聞・地域ニュース
誰かと思ったら、何だ、チンポムじゃん。あー、ねえ。

『秋日和』と『すーちゃん』 (内田樹の研究室)
なるほど、と思ってしまった。ふーむ。


忍者猫。かわいすぎる。
4 CommentsPosted in 今日の話題

ブリッジ8号設置場所リスト

10 23, 2008
ブリッジ8号表紙

フリーペーパーBridgeの8号を発行しました。
今回のブリッジのテーマは、「この場所から始めよう」。

ブリッジ8号

今回の特集は「この場所から始めよう」。楽しみたいなら、まず自分たちの手で、ということで、この夏ブリッジが企画した、3つのイベント(潮風マーケット、SUMMER GREETINGS、ガリガリ絵はんこ教室)をレポートします。島に暮らす人々の素顔を紹介する、by the sea, by the people には、素敵な二組のご夫婦が登場。その他、子どもたちが動物たちと触れ合いながら、さまざまなワークショップも体験できる、服部農園ふれあい牧場を紹介します。好評連載、散歩日和は島つながり、宮島の小特集です。

設置配布場所は以下の通り。
ご協力、ありがとうございます!

呉信用金庫(全店 45ヶ所)

【江田島市】
奇報堂 本店(江田島町)
奇報堂 江南店(江田島町)
ポプラ 江田島第一術科学校店(江田島町)
切串港桟橋(江田島町)
小用港桟橋(江田島町)
Largo Hair(江田島町)
江田島図書館(江田島町)
ふるさと交流館(江田島町)
青年の家(江田島町)
学びの館(江田島町)
江田島郵便局(江田島町)
古屋食料品店(江田島町)
東江漁協(江田島町)
水口医院(江田島町)
石野治療院(江田島町)
江田島自動車学校(江田島町)
広島銀行 江田島支店(江田島町)
モスバーガー(大柿町)
大柿中央公民館(大柿町)
大昭汽船桟橋(大柿町)
ナヒロ(大柿町)
T・Yコーポレーション(大柿町)
モンマルトル(大柿町)
徳永豆腐店(大柿町)
角野石油店(大柿町)
新北京(大柿町)
カーライフQ,T(大柿町)
アイランド理容室(大柿町)
明慶寺(大柿町)
本家かまどや(大柿町)
浜井病院(大柿町)
宝持寺(大柿町)
大柿郵便局(大柿町)
ホリスアイランド(大柿町)
HORIEI スタジアム(大柿町)
タバタ釣具店(大柿町)
重長写真店(大柿町)
セブンイレブン大柿店(大柿町大君)
田中商店(大柿町)
ふれあいプラザさくら(大柿町)
民宿ひとのせ(大柿町)
みなみ薬局(大柿町)
沖野島マリーナ(大柿町)
広島銀行 大柿支店(大柿町)
いろりギャラリー スマイル21(大柿町)New!!
中町港桟橋(能美町)
高田港桟橋(能美町)
朝原デンタルクリニック(能美町)
能美図書館(能美町)
シーサイド温泉のうみ(能美町)
能美海上ロッジ(能美町)
ARTECO HOUSE Cafe Bar(沖美町)
おきみ薬局(沖美町)
三高桟橋(沖美町)

【呉市島嶼部】
音戸観光文化会館うずしお(呉市音戸町)
榎酒造(呉市音戸町)
パレット(呉市音戸町)
グリル音戸大橋(呉市音戸町)
住田屋製菓(呉市音戸町)
桂浜温泉館(呉市倉橋町)
宮西美容室(呉市倉橋町)
県民の浜(呉市蒲刈町)

【呉市】
天応桟橋(呉市)
大和ミュージアム(呉市)
大和温泉物語(呉市)
イタリアンバール フィオーレ(呉市)
ベネスティー(呉市)
KINGSTONE(呉市)
peace land(呉市)
呉映画サークル(呉市)
前野楽器(呉市)
クラフトワークス(呉市)
TIMELAG(呉市)
呉YWCA(呉市)
littlewomen(呉市)
千福(呉市)
松風楼エスカリエ青山(呉市)
ANNEX(呉市)
広島信用金庫呉支店(呉市)
Honda Cars 呉北町田店(呉市広)
よしの味噌(呉市吉浦本町)
RePLAY Moto Service(呉市天応)New!!

【広島市】
ひろしま夢ぷらざ(広島市)
県民文化センター(広島市)
ほの湯(広島市)
Bean.s(広島市江波)
pokke(広島市江波)
Re:Re:river cafe n(広島市西区)
雑貨Foo(広島市)
TARUHO(広島市中区)
かれえや ばばじ(広島市中区)
長楽(広島市・お好み村)
ドリアン(広島市)
cafe Hem(広島市安佐南区)
Studio DUCK(広島市中区)New!!
torikushi(広島市中区)New!!
little twitter 26(広島市中区新天地)New!!
庭の山椒(広島市中区)New!!
ブロニティ(広島市中区)New!!
ライオンカレー(広島市中区)New!!

【その他の地域】
ぎゃらりぃ宮郷(廿日市市宮島)
ゲストハウス菊がわ(廿日市市宮島)
チャイサロンドラゴン(尾道市)
島スタイル編集部(山口県周防大島)
陸奥記念館(山口県周防大島)
ロカリテ(大阪市)
カキノジン アトリエSHOP iN(大阪市)
cocotte cafe'(東京神楽坂)

2008年10月23日現在
設置場所は随時追加変更していきます。
設置場所は予告無く変更される場合があります。

遠方の方でフリーペーパーBridgeをご希望の方は、送料のみの料金着払いでこちらから郵送させていただきます。その際には送料200円をご負担下さい。連絡はメールフォームからどうぞ。なお、基本的に送付はお一人様1~2冊(200円で郵送できる範囲)とし、新しい号の発行毎に、送付希望のご連絡をくださいますようお願いします。年間購読などの受付はしておりませんので、ご注意ください。

バックナンバーに関するお問い合わせを多くいただいております。今現在、1・2・3号は在庫切れとなりました。4号は残りあと僅かです。5~7号は在庫があります。複数冊でも送料のみの料金着払いで郵送いたします。その際には、希望される号を必ず明記の上、メールフォームからご連絡ください。

Bridgeの配布設置にご協力いただける店舗を募集しています。どうかよろしくお願いいたします。また、ブリッジの配布に協力してくれる方がいらっしゃいましたら、そちらもよろしくお願いします。

六角紫水展が開催されます

10 20, 2008
shisui.jpg

日本の近代漆芸史に名を残す六角紫水の展覧会が、広島県立美術館で開催されます。期間は平成20年11月18日(火)~平成21年1月12日(月・祝) まで。
実は、この六角紫水さん、キリンビールのラベルデザインを手掛けたことでも知られる、江田島市出身の漆芸家です。NHKの特設サイトがとてもよくできていますので、ぜひご覧ください。

六角紫水展|NHK広島放送局
0 CommentsPosted in アートのはなし

秋の夜長のララトーン

10 20, 2008
lullatone.jpg

名古屋を拠点とするララトーンは、ショーン・ジェームス・シーモアと冨田淑美の夫婦ミュージシャン・デュオ。彼らが作るのは、ささやきのような歌声にポップなメロディとフレーズ、巧妙に配置されたビートに正弦波を所々にちりばめた、愛くるしくて眠たげな曲の数々だ。



軽やかで愛らしくて、とてもキュートなララトーンの音楽。秋の夜長に、のんびりとパジャマ・ポップスなんてどうッスかね?

PingMag - 東京発 「デザイン&ものづくり」 マガジン » ララトーン:ベッドタイム・ビートに乗りまくれ!
lullatone.com
0 CommentsPosted in 音楽のはなし

第4回おのみち手しごと市開催のお知らせ

10 16, 2008
onomichi-4_20081016174631.jpg

■第4回おのみち手しごと市

日時:平成20年11月8日(土)9日(日) 朝10時~昼3時まで
場所は、もちろん宝土寺

秋になり、また尾道の手しごと市の季節がやってきましたよ。
今回で4回目となる手しごと市。僕らは9日の日曜日に参加します。

fu. 尾道からのカフェ日記。

地方で暮らすから見えること

10 16, 2008
fratto.jpg

愛知県豊橋市から荷物が届いて、開けてみるとそこには1冊の雑誌と手紙が入っていた。以前、Bridgeを送ったのが縁で、自分が作っていたフリーペーパー『パンホリック』と東三河で発行している雑誌『QUATRO』と『fratto』を送ってくれた、デザイナーの宮下さんからだった。(Bridge パンと暮らすフリーペーパーpanholic

脱情報誌を目指そうとリニューアル準備中だった『QUATRO』は、会社とのビジョンの相違でどうやら座礁しそうだという。送られてきた最新号の『fratto』には、「地方発信がタウン誌だけだなんて悲しすぎるので、今号は編集長と話して、なるべく情報を入れないような本づくりをしてみました。」と書かれていている手紙が添えられていた。美しい写真と洗練された記事。最後まで読まないと、おそらくこれが地方発の雑誌だとは誰も気がつかないに違いない。自分たちが暮らす地方の美しい場所をさらりと紹介しながらも、読んだ人がその場所に訪れてみたいと思わせるような、とてもいい本だった。

最近のニュースで、関西の老舗タウン誌エルマガが休刊になるという話を聞いた。(「エルマガ」来年2月号で休刊 - MSN産経ニュース)相次ぐ雑誌の廃刊や休刊。やはりどの雑誌も広告が取れなくなってきているらしい。

宮下さんは前の手紙に、「地方で暮らすから見えること、感じられること、楽しめること。そんなあたりまえのことをごく普通に本にできたらなあと思います。」と書いていた。「情報ではなくストーリーを届けたい」とも。この気持ちが僕には痛いくらいによく分かるから、『QUATRO』が座礁した悔しさもとてもよく分かる。情報を届ける手段はたくさんある。新聞、テレビ、ネットに情報誌。僕もブリッジでは、それらのメディアでは伝えきれない何かを届けたいと、いつも思っている。

あまり関係ない話かもしれないけど、生まれた鳥取県を離れず、ずっと地方で暮らしながらモダニズムを追い続けた写真家、植田正治のことを思い出した。地方で何かを発信するということは、田舎の良さをアピールするだけじゃない。僕はいつも、そう思っている。

植田正治の世界 (コロナ・ブックス 136)植田正治の世界 (コロナ・ブックス 136)
(2007/10/20)
植田正治事務所

商品詳細を見る
0 CommentsPosted in 本のはなし

ARTECO HOUSE 1周年、そして愉快な仲間たち

10 13, 2008
アーテコハウス

10月10日の金曜日は、アーテコハウスがオープンしてから1周年。この島にアーテコハウスという場所ができてから、いろんなことが始まり、繋がっていった1年間だった。僕はここで多くの人と出会い、また沢山の人に様々な形でアーテコハウスを紹介してきた。それは、この店のオーナーであるアントニーと僕の想いが少なからず似ていたからであって、それはつまり、「この店をみんなが集まれる場所にしよう。そしてここから、この島を楽しくしていこう」という想いからすべて始まったことなのだ。

今、アーテコハウスの常連たちが集まって、定期的にミーティングを行っている。これはほんとに自主的な集まりであって、誰でも参加できて、まったく強制力はなく、唯一決まっているルールは『自分たちで楽しめることを企画して、その結果、ちょっとだけ島をおもしろくしよう』ということだけ。
このメンバーで今年の夏には、子どもたちのためのサマーキャンプを企画したりした。アントニー夫妻だけではとても手入れできない広さの周辺敷地内の草刈り清掃なども、このメンバーたちのボランティアによるものだ。「今年の冬は何をやろうか?」。そんなことを考えながら、時にはみんなでビールを飲んだりする、アーテコハウスと愉快な仲間たち(仮称)だ。

金曜日の夜には、このメンバーたちも店に集まって、ささやかながらお金を出し合って買ったシャンパンをプレゼントして、アーテコハウスの1周年を祝った。友人のtoro*toroさん夫妻も呉からやって来てくれて、とても楽しい夜になった。で、僕はしこたまビールを飲み過ぎて、写真の1枚も撮っていなかった。これが金曜日の夜、とても賑やかな雨の夜。

kent

kent

kent

次の日の土曜日には、Kent funayama さんが神戸から駆けつけてくれた。1周年のお祝いにと、30分のミニライブを披露してくれた。Kentさんにとっても、勝手知ったるアーテコハウス。みんなとの久しぶりの再会を祝う。リラックスムードのライブは穏やかに進む。広島からは友人のしらたまさんも海を渡って来てくれた。1周年記念の2日目の夜は、とてもいい雰囲気で始まった。

kazuta

kazuta

kazuta

Kentさんの次に歌ったのは、地元、音戸在住のミュージシャン、数田佑一くん。同じギターの弾き語りといっても、まったく対称的なふたりのライブ。この日の数田くんは絶好調で、会場も大いに盛り上がる。そう、この数田くんと出会ったのも、ブリッジがきっかけで、たまたまブリッジを手にした数田くんが、僕に会うために事務所まで訪ねて来てくれたのだった。じゃあ、アントニーにも紹介するよという流れで、今回のライブも決まった次第。数田くんはKentさんに会えたことをとても喜んでいた。そうそう、この夜はグラフィックアーティストの高沢啓文くんも来てて、アーティスト同士がとても楽しそうに話してたっけ。ん、まだあった。江田島のシンガーソングライター、ちぴぴも飛び入りで参加して、最後にはサプライズなセッションになったんだ。

ブリッジというフリーペーパーが小さなきっかけとなって、アーテコハウスという場所があって、そこに集まる人々がいる。いろんな人と出会えてすごく楽しい場所だから、みんなで大切にしていきたい。アーテコハウスを訪れる人は、きっとみんなそう思っているはずだ。「10年先には、ここをさまざまなアーティストが集う場所にしたい」と言っていたアントニーの夢は、少しずつだけど実現しているようだ。だって、この日、誰よりもニコニコして喜んでいたのはオーナーのアントニーだったから。

3日目のことは、僕は知らない。その夜は西条の教善寺で行われたadvantage Lucyのライブに行っていたから。その会場でイラストレーターのみとさんや、主催のRefuge de Nicoさんや、franc'sさんにご挨拶。すみずみまで気持ちの行き届いた、ほんとうに心暖まるライブだった。いつものことながら西条の面々が企画するライブやイベントは素晴らしい。企画する人と街とが一体になって、長い時間と手間をかけて、情熱を絶やさずにやるからこそ、ここまでできるんだろうなと思う。さて、アーテコハウスと愉快な仲間たちはどこまで追いつけるだろうか?
4 CommentsPosted in ブリッジな日々

アーテコハウス1周年記念のお知らせ

10 08, 2008
アーテコハウス1周年記念

Bridgeもいつもお世話になっているアーテコハウスが、この10月でオープン1周年を迎えます。そのアーテコハウスでは1周年を記念して、3日間にわたってイベントが行われます。

《ARTECO HOUSE Cafe Bar 1st Anniversary》

期間:2008年10月10日(金)~10月12日(日)
時間:11:00~21:00
場所:江田島市沖美町美能 ARTECO HOUSE
入場無料

おかげさまで、ARTECO HOUSE は1周年を迎えることができました。オープン1周年を記念して、3日間にわたって記念イベントを開催します。昼はDJプレイ、夜はバラエティー豊かな顔ぶれのライブをお楽しみください。

アーテコハウス1周年記念

10/10(金)
■DJ DJ HA COOL 15:00~18:00
■LIVE ANTHONY and TAKAKO 19:00~20:30(2ステージ)

10/11(土)
■DJ DJ JOE 12:00~17:00
■LIVE 数田佑一 13:00 20:00(2ステージ)
■LIVE Kent funayama 19:00

10/12(日)
■DJ DJ HA COOL 15:00~18:00
■LIVE ALL AT ONCE 15:00 19:00(2ステージ)

【追記】
10/11(土)には急遽、神戸からKent funayamaさんが駆けつけてくれます!
11日(土)の夜、19:00から、Kent funayamaさんのライブが決定しました!
入場無料ですので、みなさんぜひぜひ聴きに来てください!



大きな地図で見る

呉の街がテーマのカレンダー

10 08, 2008
みずぽっちカレンダー

呉市在住のイラストレーター、吉田みずほさんが描く、呉の街をテーマにした来年のカレンダーが発売されるそうです。自分たちが暮らしている街を、自分たちの手で描くというのは、とてもおもしろいと思います。ただ今、予約受付中ということですので、詳しくはlittlewomenのブログをご覧ください。

***littlewomen***:みずぽっちカレンダー09
ミズホヨシダ.info(みずぽっち)
0 CommentsPosted in 地域のはなし
プロフィール

bridge

Author:bridge
広島県江田島市周辺の、瀬戸内海の島に住む人々の暮らしを伝えるフリーマガジンBridge[ブリッジ]を発行しています。

ブリッジでは、他にも印刷物の企画制作、写真撮影、webデザイン、イベント企画などを行っています。詳しい業務内容はこちらを、また今までの制作事例はこちら(ブリッジの仕事)をご覧ください。

このブログはブリッジ編集長である、岡本礼教が書いています。ここでは地域の話題からネットの話題まで、雑多にがりがり書き綴ります。日々試行錯誤。

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。リンクの際には連絡は不要です。写真などの転載も、ブリッジの紹介などに使用してもらえるのなら、どうぞご自由にお使いください。

Twitter Bridge
Twitter やってます。地域のニュースや日々の話題はこちらから。
Facebook
フリーマガジンBridge
Bridge別冊『海と風』
イベントのお知らせ
ぐるぐるしましまあるある

ぐるぐるしましまあるある
場所 海友舎

2014年5月24日(土)・25日(日)
10:00~16:00


終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第4回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2014年4月27日(日)
10:00~15:00(小雨決行)

終了しました。ありがとうございました。


秋のえたじま手づくり市

第3回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年11月10日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第2回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年4月28日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


えたじま手づくり市

第1回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2012年11月11日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


ACHORDION LIVE in RePS

ACHRDION LIVE in RePS
場所 RePS(リプレイモトサービス2F)

2012年9月23日(日)
17:00オープン 18:00スタート


終了いたしました。ありがとうございました。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブリッジが縁で繋がった人たちへのリンクです。日々感謝。
ブログ内検索
メールフォーム
ブリッジに関するお問い合わせは、こちらのメールフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。