Google+

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾道の『坂道の暮らし』

06 22, 2011
坂道の暮らし

尾道で素敵な小冊子ができあがったみたいです。冊子のタイトルは『坂道の暮らし』。その表紙を飾っているのは、そう、ネコノテパン工場ですよ。坂の途中にあるこのパン屋さん、僕は最初に見た時、妖精のパン屋さんかと思いましたよ。それくらいこぢんまりと可愛らしい佇まいなんです。

この小冊子、友人がわざわざ送ってくれました。発行はNPO法人尾道空き家再生プロジェクトです。おそらく一般の書店には流通していないはずなので、読みたい方は発行元に問い合わせたほうが良いかと思います。

もう5年近くも尾道の空き家再生に関わってきた、尾道空き家再生プロジェクトの活動と、アーティスト・イン・レジデンス(AIR 尾道)や手しごと市のこと。そして実際に坂の町尾道で暮らすさまざまな人々が登場する、読み応えのある1冊です。

坂道の暮らし

あ、どいちゃんだ。知ってる人もちらほら載ってて、楽しいですね。


NPO法人尾道空き家再生プロジェクト
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 本のはなし

nice nonsense books

06 22, 2011
広島市土橋町に素敵な古本屋さんがオープンしました。その名も、nice nonsense books(ナイス・ナンセンス・ブックス)。名前からしてただ者じゃないでしょ?

nice nonsense books

雑誌リラックスの持ってなかったバックナンバーと、長野陽一の写真集『シマノホホエミ』を買って帰りました。いや、いい買い物したわ、ほんと。そうそう、お店に行ったら偶然スークさん夫妻とバッタリ出会ったりしてね。ほら、素敵なお店には素敵な人が集まるっていうから、そういう場所にもなっていくかもしれませんね。


nice nonsense books
 不定休なので、ブログで営業日を確認してくださいとのことです。
0 CommentsPosted in 本のはなし

津の小冊子、Kalas(カラス)

06 22, 2011
kalas

こちらは三重県津市で発行されている小冊子、Kalas(カラス)です。
なぜ、三重県なのか?実は、三重県出身(現在京都在住)の友人が、「三重にBridgeと似た媒体があるんだけど、読む?」といって送ってくれたものです。どれどれとページを開いてみると、驚きました。その内容が、あまりにも素晴らしかったからです。

kalas

その後、このカラスという雑誌が、カラス編集室(西屋さん)で一人で作られていること、ツイッターもあるということを知り、こちらからもコンタクトを取って、ぜひブリッジを読んでもらおうとバックナンバーを(勝手に)送らせてもらったのです。心優しい西屋さんは手紙と共にカラスを送ってきてくれました。とても嬉しい出来事でした。

kalas

そんな風にして繋がったカラスから、最新号の12号が届きました。テーマは「これからのダイヤル」。そう、僕がカラスを好きなのは、毎回のこの切り口が素晴らしいからなのです。津市の地方誌というスタンスは保ちながら、毎回鮮やかな切り口で街を切り取る視点の豊かさ。その底に流れているのは、やはり街に対する愛情です。

震災後の発行となった12号には、号外が添えられていました。カラスの編集反省会というコラムには、紙面には載らない編集者の葛藤が書かれていました。1冊の小冊子を作るにあたって、ここまで真摯に自分と街に向かい合う編集者の姿勢に胸がふるえる思いでした。今号からカラス編集室改めカラスブックスとなったカラス。きっとこれまで以上の高みから街を俯瞰し、飛び回ることでしょう。当分、カラスから目が離せそうにありません。

津の小冊子、Kalas(カラス)は、リンク先から購入できます。ぜひ。


三重県津市の小冊子カラスのホームページ

古本 徒然舎 ■ 大切に読まれた本、誠実買取いたします
 岐阜の真面目な古本屋さん、徒然舎でもカラスを取り扱っています。こちらからも、どうぞ。
0 CommentsPosted in 本のはなし

旅人の木と、akaとao

06 22, 2011
旅人の木

岡山発のリトルプレス、『旅人の木』です。現在、3号まで発行されています。この本のテーマは、「旅するように、暮らす」こと。日本各地、時には外国まで飛び出して、丁寧に取材されています。こういう本を読んでいると、その知らない風景に憧れて、旅に出たくなっちゃいますね。

旅人の木

とにかく写真が美しい。風通しの良い誌面です。
旅人の木を作っている K's Design から、2冊の小さな写真集も出ています。

aka

こちらは、「赤」をテーマに宮島界隈を撮った写真集、『aka』。

ao

こちらは、「青」をテーマに鞆と尾道を撮った写真集、『ao』。

この写真集、akaとaoを、広島の84(はちよん)で買ったことから、旅人の木も知ったのです。こんな身近に素敵なリトルプレスがあったとは!本との出会いは不思議なものですね。

旅人の木は、ネットからも注文できます。下記リンクから、どうぞ。あ、岡山では、あの素敵本屋さん451ブックスでも買えるみたいですよ。


旅するように暮らす絵本 | 旅人の木 | ひとり旅するミニコミ
0 CommentsPosted in 本のはなし

せとうち暮らし香川

06 22, 2011
せとうち暮らし

『せとうち暮らし香川』は、「瀬戸内海に暮らす幸せ、見つけに行こう。」というテーマのフリーペーパー(バックナンバーの一部は350円で販売)。舞台は香川の島々。近年、直島(ベネッセ)を始め、瀬戸内芸術祭で一躍有名になりましたが、ここでは島の普段の生活に焦点を当てて、素顔の島の暮らしが垣間見えます。

せとうち暮らし

ほらね、すごくいい感じでしょ。何より、そこで暮らす「人」にフォーカスした誌面づくりが素晴らしいのです。

島日和マップ

こちらは、『島日和まっぷ』。瀬戸内の宝ものと人を訪ねる旅。こちらもやはり魅力的な人々が満載なのです。

ひょんなことからツイッター経由で知り合い、お互いの作っているフリーペーパーを交換することになりました。こういうの嬉しいよね。


せとうち暮らし
Roots Books vol.1
0 CommentsPosted in 本のはなし

中高生がつくるフリーペーパー『FARU18』

01 24, 2010
FARU18

『FARU18』は、中高生がつくる中高生のためのアートフリーペーパー。FARU18というのは、Free Art's Room Under 18 の略称だそうです。全国のアートが好きな中高生が集まって、まるで部活のように活動するというコンセプト。企画、取材、記事、構成、写真、イラスト、営業、配布と、デザイン以外のすべてを中高生が行っています。すごいね。自分たちの撮った写真や、自分たちが描いたイラストだけでなく、写真家、大橋愛へのインタビューや、安藤裕子、酒井駒子といったアーティストにも果敢にインタビューしています。

個人的には、写真がね、すごくいいなぁと思いました。あの時、あの瞬間にしか撮れない一瞬が、そこにあります。これからも、がんばって発行してください。未来は君たちの手の中にあるのですから。

中高生美術部・FARU18 - 中高生部活マガジン HERO INTERVIEW
0 CommentsPosted in 本のはなし

いろいろ届いて、いろいろ嬉しい

01 13, 2010
fratto

年末から年明けにかけて、いろいろ届いて嬉しかったので、ちょっとご紹介。まずは、これから。『fratto』は愛知県豊橋市発のコミュニティー&ライフスタイルマガジン。年2回発行。今回の特集は、「青きモダニズムへの追想」と題して、明治・大正・昭和初期の豊橋を考察しています。この雑誌のアートディレクターを務める宮下さん(サイフォン・グラフィカ)が送ってくれるのです。

fratto:恋する街時間。わたしが暮らす街のすてきな休日計画。

古本 徒然舎
 岐阜の素敵な古本屋さん。こちらからも fratto を購入できます。

暮らす

もうひとつ、宮下さんが送ってくれたフリーペーパー『暮らす』。やはり愛知県豊橋市にある、家具&雑貨ショップ、Each Worth(イーチワース)が発行しているリーフレット。こうしたちょっとしたものがあると、ショップの印象も随分変わってくるよね。あからさまなカタログになってないところが好いです。

サイフォン・グラフィカ

きっと

長野県高遠発のリトルプレス、『きっと』の3号も届きました。高遠在住の3人の女性が作っています。漆工芸家の菅原利彦さんを訪ねたり、美しい詩画集「水の函」の話など。僕としては「タクラマカン」という額縁屋さんが気になるところ。この編集者たちが、好奇心いっぱいで楽しんで作っている感じがすごくいいのです。今回はかわいいカレンダーが付いてた。

きっと
 こちらのサイトから購入できます。

古本市

今回のBridge11号から、郵便での発送に切手を送ってもらうようにしたのですが、思わぬ楽しいこともありました。東京からブリッジのバックナンバーを頼んでくれた男性が、切手と一緒に送ってきてくれたのは、古本市に関する小冊子や、街で見つけたフリーペーパーなど。なぜ古本市かといえば、この男性、不忍ブックストリートの一箱古本市にも参加したこともある古本好きなのだそうで。写真はそのほんの一部です。沢山の小冊子、ありがとうございました。

本と散歩が似合う街 不忍ブックストリート - メインページ - 公式ホームページ

saiの知恵bukuro
 フリーマガジン“sai”のスタッフブログ

AFA02

アートフォーオールの2号も届きました。どうして人はアートを買うのか第2回は、斉藤剛史とアルマ・アレン。岡本仁さんのエッセイは「美しい種子」。同じ便でフリーペーパー『hanauta』も届きました。少し前に知って、一度読んでみたいと思っていたフリーペーパー。とても丁寧に作り込まれていて、それと同時にこの軽やかさ。いろんな場所に、こうしたフリーペーパーを作る人々がいることに、とても心強さを感じます。同封された手紙には、「少しずつでも、いろんな人達が繋がっていけば、もっと良い世の中になるんじゃないかなー、と勝手に考えています」とありました。本当に、その通りだと思います。

アートフォーオール2 TOKYO CULTUART by BEAMS Blog|BEAMS OFFICIAL BLOG

hanauta | かんじるフリーペーパー

リラックス

これは昔、リラックスが配っていたフリーペーパー。うちの嫁さんが大阪でずっと集めていて、嫁入りと同時に持ってきてくれて、今ではうちの宝物だったりします。好きなものって、やっぱり捨てられない。無ければ生きていけないものじゃないけど、あると嬉しいものってけっこう大事だよね。

最近はTwitterを通じて、ゆるい繋がりができ始めていたりもします。少なからず似たような思いを持った人と出会ったり、気になることを共有し合ったり。Twitterという無料(フリー)のプラットフォームを通じて人が繋がるように、フリーペーパーもいろんな街や人を繋いでいって欲しい。そう、思うのです。
2 CommentsPosted in 本のはなし

そうか、ZINEと呼べばよかったのか

12 24, 2009
Lilmag

ZINE(ジン)って何?

ZINEは英語で「有志の人々が制作する、たいていの場合は少部数の、非商業的な(利益を出すことが第一の目的ではない)出版物」のこと。「MAGAZINE(マガジン)」から「FANZINE(ファンジン)」という言葉が生まれ、省略されて「ZINE」になりました。日本では、これに重なる意味を持つものとして、ミニコミ・同人誌・自費出版・小出版物・自主出版物・リトルマガジン・リトルプレス……等々、さまざまな言葉および概念が存在しています。ここではこれらをひとまず全部ひっくるめて「ZINE」と呼び、「個人が自分の意思で好きなように作り、読まれる本」周辺文化に「特に」注目していきたいと思います。

当店について - Lilmag----zine and other publications.より引用



個人が自分の意思で好きなように作って配る本。そうか、ZINEと呼べばよかったのか。一般の書店ではまず流通することのないZINE、これがとても面白いんですよ。そんなわけで、上記のZINEを取り扱うウェブショップ Lilmagで購入したZINEを少しだけ紹介します。

乙女通信

イワフチメグミさんが作るジン『乙女通信』。この乙女通信という名前に騙されちゃいけません(いや、騙されてもいいんだけど)。17号の特集は「手紙を書く」。で、この内容が楽しいんです。

毎号ワンテーマでお送りする乙女通信。今号の特集は「手紙を書く」。
UFOが映り込んだ風景写真を刷ったA3のわら半紙ポスター、A4便せん2枚、B5便せん2枚、間違い探し風A5便せん4枚、分解してしまった洋書『HOW TO WRITE LETTERS』の1頁にシルクスクリーンで模様を刷ったもの、世界の軍事費ランキングがプリントされたはがきを詰め合わせ。
印刷はリソグラフ、コピー、シルクスクリーンで単色ないしは2色刷り、紙はわら半紙やクラフト紙という低コストの製作手段を、洒落たセンスが輝かせます。日記風ミニ・ジン付。

乙女通信 17号 - Lilmag----zine and other publications.より引用



どうですか、これ。ワクワクしてくるでしょ。

乙女通信

乙女通信14号は「鉄塔」特集、15号は「夢日記のススメ」(ノート付き)、16号は「占い」(タロットカード付き)と、それぞれに濃い内容とチープで洒落たデザイン。雑誌として楽しいのはもちろん、手で触って眺めて嬉しいのがこうした紙ものの持つ魅力ですよね。

LUCY

時折付いてくるミニ・ジン(フリーペーパー)も楽しい。これ、A3のコピーを折って冊子にしたものですが、よりパーソナルな手紙に近い近況報告みたいなもので、すごくいいです。こういうの手にしたら、きっとみんなも何か作ってみたい!って思うんじゃないかな。自分が作りたいと思ったものを形にしたときの喜び、それを誰かが読んでくれたときの嬉しさ。そのために自分でこつこつ作ってる時のワクワクした気持ち。そんな思いがぎゅぎゅっと詰まってるZINEです。

L U C Y
 乙女通信を作ってるイワフチメグミさんのブログ。

Lilmag----zine and other publications.
 ZINE(ジン)/ミニコミ/アーティストブック、多種多様なインディペンデント・パブリッシング、世界の同人誌・同人誌の世界、アートとサウンド、クラフトとD.I.Y.を取り扱うウェブショップ。乙女通信もここから購入できます。ぜひ。
0 CommentsPosted in 本のはなし

フリーペーパーは楽しい

12 24, 2009
フリーペーパー

昔っから紙ものや雑誌が好きなのですが、自分がフリーペーパーを作っていることもあって、面白そうなフリーペーパーにはいつも興味津々です。フリーペーパーといっても、企業が出しているようなクーポン付きみたいなものには全く興味がありません。広告ばっかりみたいなのもつまんない。じゃあ、どんなのが好きなのかというと、独自の視点を持って、しっかり見せて読ませるものがやっぱり好きなんですよね。

『judd.』は、鹿児島のフリーペーパー。テーマは「鹿児島の私たちの周辺」をタイトルに鹿児島で生活している私たちの日常を主に掲載します、というもの。ローカルなテーマにもかかわらず、しっかり読ませるテキスト、執筆陣も素敵で、さすがにデザイン事務所が作っているだけあってデザインも洒落ています。

創刊されたばかりの『YODEL』は福岡のフリーペーパー。ワンテーマのフリーペーパーで創刊号のテーマは「山」。こちらも豪華な執筆陣(小柳帝さんの名前も)のコラムがとにかく充実しています。僕はちょっと詳しくないのですが、知る人ぞ知る福岡の隠れ名店organと、そのorganが中心となって活動するデザイン集団 Enough のメンバーが中心になり創刊されたフリーペーパーということです。

『アートフォーオール』はビームスが発行するフリーペーパー。創刊号は松浦弥太郎インタビューと鹿児島の特集。編集はリラックスやクウネルの編集者、岡本仁さん。デザインと印刷はパピエラボという、好きな人にはたまらないフリーペーパーです。

こうして見ると、面白いと思うフリーペーパーはただ「無料」というだけじゃなく、雑誌として本として魅力的なものばかりです。だから近くになければ取り寄せてでも欲しいと思うし、手に入れたら大事に手元に取っておきたい。そして、面白いと思う気持ちをシェアしたいと思うのです。

Judd. Design Office » Free Paper

福岡発フリーペーパー “YODEL” 発刊 | Publik:

アート フォー オール | PAPIER LABO.
0 CommentsPosted in 本のはなし

きっと2号が届いて、そして高遠の夏を想う

07 10, 2009
きっと

待ちに待った、『きっと』の最新号が届きました。『きっと』は長野県高遠発の、3人の女性が作る小冊子です。2冊目となる最新号は、いい具合に肩の力が抜けて、何よりとても楽しんでつくってる雰囲気がいいですね。雑誌をつくるために自分たちの足で街を取材して歩く、そして出会う人々と風景。僕も自分がフリーペーパーを作ってるからよくわかるんですけど、これはね、すごく楽しいんです。これからもっと楽しいことが繋がっていくんだろうな、そう思わせる『きっと』です。

きっと
 サイトから購入できます。ぜひ。

『きっと』を眺めながら、まだ行ったことのない高遠という街のことを想像します。あ、空が高いなとか、夏の似合いそうな街並みだな、キャンプとかしたら最高じゃね?とか。そんな高遠では、この夏おもしろいイベントが行われるそうです。

高遠ブックフェスティバル

高遠という町全体を使ってのブックフェスティバル。日本初のブックツーリズム、高遠ブックフェスティバルです。高遠の町を舞台に、本に関するイベントや、街ぐるみの催しが盛り沢山の2日間。角田光代、都築響一、いしいしんじなど数々の作家やアーティストによるトークや、美篶堂のワークショップなども開催されます。

高遠ブックフェスティバル
長野・高遠町で初の『高遠ブックフェスティバル』、著名人と地元住民交えイベント多数開催 -bookニュース:CINRA.NET
2 CommentsPosted in 本のはなし
プロフィール

bridge

Author:bridge
広島県江田島市周辺の、瀬戸内海の島に住む人々の暮らしを伝えるフリーマガジンBridge[ブリッジ]を発行しています。

ブリッジでは、他にも印刷物の企画制作、写真撮影、webデザイン、イベント企画などを行っています。詳しい業務内容はこちらを、また今までの制作事例はこちら(ブリッジの仕事)をご覧ください。

このブログはブリッジ編集長である、岡本礼教が書いています。ここでは地域の話題からネットの話題まで、雑多にがりがり書き綴ります。日々試行錯誤。

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。リンクの際には連絡は不要です。写真などの転載も、ブリッジの紹介などに使用してもらえるのなら、どうぞご自由にお使いください。

Twitter Bridge
Twitter やってます。地域のニュースや日々の話題はこちらから。
Facebook
フリーマガジンBridge
Bridge別冊『海と風』
イベントのお知らせ
ぐるぐるしましまあるある

ぐるぐるしましまあるある
場所 海友舎

2014年5月24日(土)・25日(日)
10:00~16:00


終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第4回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2014年4月27日(日)
10:00~15:00(小雨決行)

終了しました。ありがとうございました。


秋のえたじま手づくり市

第3回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年11月10日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


春のえたじま手づくり市

第2回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2013年4月28日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


えたじま手づくり市

第1回 えたじま手づくり市
場所 光源寺

2012年11月11日(日)
10:00~15:00(雨天中止)

終了しました。ありがとうございました。


ACHORDION LIVE in RePS

ACHRDION LIVE in RePS
場所 RePS(リプレイモトサービス2F)

2012年9月23日(日)
17:00オープン 18:00スタート


終了いたしました。ありがとうございました。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブリッジが縁で繋がった人たちへのリンクです。日々感謝。
ブログ内検索
メールフォーム
ブリッジに関するお問い合わせは、こちらのメールフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。